「チック症」の記事一覧

強迫スペクトラム障害とは?

強迫スペクトラム障害とは? 強迫スペクトラム障害とは、強迫症状がみられる病気をまとめた考え方です。 強迫性障害のほかにも、考えや行動に強迫的な特徴がみられる心の病気(精神疾患)があります。 「自分は太っている」という思い […]

チックが原因でいじめや不登校になることは?

チックが原因でいじめや不登校になることは? 「チックがあると、いじめられやすい」などということはありません。 ただ、子どもが気持ちよく学校生活を送れるように、教師や親などの大人が目配りしていく必要はあります。 チックがい […]

【合併症の対応】チックと強迫性障害の併発の場合

【合併症の対応】チックと強迫性障害の併発の場合 チックが重症化した子どもにみられる強いこだわりは、強迫観念、強迫行為につながることもあります。 強迫性障害の合併と考えられる場合の、対応法をみていきましょう。 チックと強迫 […]

【チックの親の対応】子どもの個性をポジティブにとらえる

【チックの親の対応】子どもの個性をポジティブにとらえる チックのある子、チックにともなって様々な併存症のある子は、それそれに個性的な面があるものです。 親にとっては心配でしかたないかもしれません。 ときには、うとましく思 […]

チック症の子どももこだわりが強いことがある?

チック症の子どももこだわりが強いことがある? トゥレット症候群のように重度のチックの子どもは、とりわけ強いこだわりをもつことがあります。 親や教師など、周囲は「そのこだわりに、こだわらない」ように心がけましょう。 なにか […]

【学校とチック】通級か特別支援学級がいい?

【学校とチック】通級か特別支援学級がいい? 子どもがチック症であっても、1〜2種類のチックがあるだけなら、学校生活に特別な配慮は必要ないでしょう。 しかし、発達障害などの合併症をともなう場合には、進学先など検討が必要にな […]

チックの治療方法について/子どもと大人の場合

チックの治療方法について/子どもと大人の場合 チックの症状が激しい場合には、薬物療法を治療に検討します。 ですが、薬を使うことだけがチックの治療ではありません。 症状の様子をみていくだけのこともあります。 幼児期のチック […]

【チックの薬物療法】薬はドーパミンの働きを抑える効果があるものが処方される

【チックの薬物療法】薬はドーパミンの働きを抑える効果があるものが処方される チックやトゥレット症候群の症状は、薬で軽くすることができます。 とくに症状がひどいときにだけ、薬を使い治療を行うのが一般的です。 チック症状が軽 […]

チックは何科を受診するの?小児科、精神神経科、児童精神科

チックは何科を受診するの?小児科、精神神経科、児童精神科 子どもだけでなく、大人のチックのことで、医師に相談したいと思っても、病院の何科を受診すればよいかを悩む人が少なくありません。 できれば、チックに詳しい医師にかかる […]