92 わが袖は〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

92 わが袖は〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

92 わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわく間もなし 【二条院讃岐】

読み方(わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし)

出展「千載和歌集」

スポンサーリンク

意味「92 わが袖は〜」

人は知らないでしょうが、私の衣の袖は、引き潮のときでさえ海の中に隠れて見えない沖の石のように、あの人への恋の涙で乾く暇もないのです。

作者:二条院讃岐とは?

この歌の詠み手の二条院讃岐(にじょういんのさぬき)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性歌人です。式子内親王と並んで、この時代を代表する女流歌人のひとりです。

源頼政の娘にあたり、二条天皇に仕える侍女でした。父親の源頼政はすぐれた歌人でもあり、武将でもありました。伝説の化け物「ぬえ」を退治した、という伝説もあります。

解説「92 わが袖は〜」

この歌は、「石に寄る恋」というお題で詠んだ歌です。自分の恋心を石に重ねて詠んでいます。

スポンサーリンク

この歌は、当時とても評判になった歌で、讃岐の歌人としての評判も高くなりました。この歌にちなんで「沖の石の讃岐」と呼ばれるようになったそうです。

「潮干」は「潮が引いているときにも」という意味。「沖の石の」は「沖の石のように」の意味です。沖の石は、海岸から遠く離れた海中にあり、潮が引いた干潮の時でも沈んでいます。

「人こそ知らね」は、「人は知らないでしょうが」という意味。この「人」は、世間の人々の意味とも、恋する相手の意味ともとれます。

「乾く間もなし」は、「乾く暇もありません」という意味になります。

潮が引いても沖の石がずっとぬれているように、私の袖もずっと涙でぬれていて乾くひまもないのです、という意味の歌になります。

下の句が似ている歌に注意

この歌と、第47番歌の「八重葎〜」は、どちらも下の句が「ひとこそ〜」から始まるので、大変よく似ています。覚えるときには注意して覚えるようにしてくださいね。

47 やへむぐら ー ひとこそみえね
92 わがそでは ー ひとこそしらね

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ