LD(学習障害)の場合、子どものしつけの方法は?

ID-10042755

LD(学習障害)の場合、子どものしつけの方法は?

LD(学習障害)の子どものしつけのポイントは「わかりやすく」「繰り返し」教えることです。

気をつけることがたくさんあると混乱してしまいます。

スポンサーリンク

身につけさせたいことは少しにしぼって、ハッキリ決めましょう。

LD(学習障害)の子どものしつけは少しずつ

LD(学習障害)の子どものしつけは、あれもこれもとしても、子どもが身につけるには長い時間がかかりますし、効率的ではありません。

まずは、本当に必要なことだけにしぼり、そのために具体的なルールを決めます。

それがしっかりと根付いたら、少しずつルールを増やします。

家庭でのしつけは、社会性を身につける第一歩です。

目標は具体的に、生活に即したものにすることが望ましいです。

具体的な内容にする

ただ「我慢させる」と決めるだけでは、いつ、どこでしつけをすればいいかわかりません。

しっかりと定着させるために「してはいけないこと」「してほしいこと」に分けて、具体的なルールを決めます。

「すべきこと」「してはいけないこと」も、少ないほど子どもも覚えやすく、教えるほうも徹底しやすいものです。

身につけさせたい、よい習慣も少しずつ始め、徐々に増やしていきましょう。

身につけさせたいこと

・制止できる、我慢できる
・指示を守れる
・待てる、順番を守れる
・根気が続く
・呼ばれたら返事をする

してはいけないこと

・ものをたたく、壊す
・食事の途中で立ち歩く

スポンサーリンク

ご褒美を活用する、LD(学習障害)の子どものしつけ

特にLD(学習障害)の子どものしつけは、繰り返し根気よくしなければなりません。

「なぜ、こんな簡単なこともできないのか?」と親側ががっくりくることもあるでしょう。

しかし、LDの子どもはそれ以上に苦労しているものです。

しつけの方法には、成果に対してご褒美を上げるやり方があります。

これには賛否両論がありますが、子どもの苦労の大きさを考えると、目に見える形で評価するのは悪いことではありません。

適したご褒美は、LDの子どものやる気を高め、よいサイクルをつくります。

ご褒美の質と量に注意して長期的に取り組むと、大きな効果をあげれることでしょう。

すべきことは明文化してわかりやすくする

年齢に合わせてすべきことが増えてきたら、チェックシートをつくって、やるべきことがすぐわかるようにするといいでしょう。

自分でやるべきことを考えられるようにする

周囲から指示を受けなくても、自分で見てやるべきことを判断したり、順番を決めたりする力がつきます。

最低限からスタートする

よい習慣も、完全に身につけるには時間がかかります。

学校のしたくなど、最低限必要なことから徹底しましょう。

ポイント制でやる気を出させる

ある程度の年齢になって、身につけさせたいしつけが増えてきたら、チェックシートについた○の数をご褒美にしてやる気を高める方法もあります。

できなきても責めない

できたらほめますが、できなくても責めてはいけません。

やめさせたいしつけとの差がつきにくくなります。

「○○を忘れているよ」と指摘し、やり直しのきっかけをつくります。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ