LD(学習障害)の通級指導教室とは?

ID-100275718

LD(学習障害)の通級指導教室とは?

通級指導とは、子どもの特性の合わせて、通常学級や通級指導教室を行き来する指導法です。

子どもが必要とするプラスαを提供する仕組みで、子どものニーズに合わせて、きめ細やかな指導ができます。

スポンサーリンク

LD(学習障害)の子どもの場合、多くは通常学級に籍を置いて、必要なときに通級指導を利用します。

通常学級では、授業はもちろん、集団生活のルールなど、学ぶべきことがたくさんあります。

通常学級で学習を含む活動に参加し、一部特別な指導を通級指導教室で受けます。

【通常学級で受けること】
・ホームルーム
・課外活動
・支障のない範囲での通常学級

【通常学級で得れること】
・集団生活のルール
・周りの子どもたちとの勾留
・集団の中で人の話を聞いたり、集中する習慣

通級指導教室とは?

通級指導教室とは、障害の種類、程度に応じて、その子どもにあった指導方法を提供する場所です。

学校や地域によって「通級指導教室」「リソースルーム」など呼び名が異なる場合があります。

通常の学習方法では学習が難しい授業のときに利用します。

【学ぶ力を上げる】
基本的な学力を身につけ、自分にあった学習方法をマスターします

スポンサーリンク

【特徴に合わせた指導で力を伸ばす】
障害の程度、種類に応じて、子どもが必要な指導を提供する仕組みです。
認知のクセ、不得意な教科によって、それぞれに合った方法で指導します。

通級指導の種類

【自校通級】
自分の通う学校に「通級指導教室」があり、校内で通窮する

【他校通級】
自校に通級指導教室がなく、別の学校まで通って利用する

【巡回指導】
通級指導教室の教員が、複数の学校を巡回して指導する

時間割、指導内容に応じて、通級指導教室を利用する時間は変わります。

以前は、通級指導に細かい時間制限がありましたが、現在は時間割や指導内容に応じて、一週間に8時間最大使う子どもから、1ヶ月で1時間程度利用する子どもまで、利用する時間の自由度が高くなりました。

通常学級での工夫も必要

通常学級では、集団の中で子どもの特性を配慮しつつ指導が行われます。

小集団でのグループ指導(チーム・ティーチング)が工夫されることもあります。

ちょっとした配慮をするだけでも、学習はスムーズに進みます。

学習が進むと、子どもにもやる気が出て理解も進む、というサイクルが生まれます。

しかし、LD(学習障害)の子どもにとって、通常学級ではほかの子どもと一緒に授業を受けるのは、時に大きな負担になります。

また、大勢の子どもたちを指導する先生の努力にも限界があります。

そうした場合、通級指導教室の場があれば、子どもが苦手な教科や分野について、認知の特性に会わせて教えられます。

通級指導教室で学力があがれば、再び通常学級の授業に切り替えます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ