ADHDの治療薬、リタリンの効果と副作用について

ID-100232315

ADHDの治療薬、リタリンの効果と副作用について

多くのADHDの薬物治療には、リタリンという治療薬(保険適用外)を使うことがあります。

子どもの年齢や薬の分量など、ADHD治療薬であるリタリンについて理解しておくことが必要です。

スポンサーリンク

リタリンは保険適用外の薬

ADHDの症状である多動や不注意には、主にメチルフェニデート(商品名:リタリン)という薬を使います。

リタリンは、中枢神経に働きかけて、脳の機能不全を改善する治療薬です。

このリタリンは、厚生労働省からADHDの治療薬としての認可を受けていません。

そのため、保険適用外での処方となり、医師の判断のもとで使われ、医師の指示にしたがって自宅で定期的に服用します。

子どもが服用する場合は、保護者が管理して適切に使うことが求められます。

人によって作用が異なり、また副作用もあるため、リタリンの服用には十分な注意が必要です。

中枢神経を刺激する効果があるリタリン

ADHDの症状には、脳を中心とする神経系の働きが関係しています。

中枢神経に刺激を与えるリタリンを服用することで、神経伝達物質の放出を正常化して、ADHDの症状を緩和させることができます。

【薬を飲む】
リタリンは錠剤や粉薬で処方される。

【中枢神経を刺激】
脳や脊髄などからなる、中枢神経に働きかける。

【神経伝達物質が増える】
脳内のニューロンを伝う、ドーパミンの放出量が正常化。

スポンサーリンク

リタリンの作用と副作用について

リタリンは、ADHDの多動性、不注意の症状を軽減させます。

人によって効果には差が出ますが、とくに不注意の面で改善がみられます。

薬が反応しない場合や、副作用が出る場合があるので、効果をみながら慎重に使っていく必要があります。

リタリンの主な作用・効果

・不注意症状の軽減
・多動性の抑制

リタリンの副作用

保険適用外でADHDの治療に使われる薬である「リタリン」の主な副作用は次のような症状がみられます。

・眠れなくなる
・食欲不振、胃腸障害
・頭痛がする、不安を感じる
・チック症状がはげしくなる
・思春期以降に長期間使用すると、幻覚を見る場合もある。

リタリンの服用例

リタリン5〜10mgを、保育園や学校に行く前に飲みます。

薬の服用は少量からはじめて、様子をみながら徐々に量を増やします。

服用後30分程度で効果がみられ、3〜4時間は持続します。

必要に応じて、昼にもう一度服用する場合もあります。

リタリンを長期的に服用を続けても大丈夫?

リタリンは一般的に、6歳頃から12歳頃のADHDの子どもの治療に際し使われます。

幼少期には、発達にどのような影響が出るかわかりません。

一方、12歳以降では、リタリンなどの治療薬を長期間使い続けることで、幻覚作用や妄想を生じる可能性もあります。

それらの問題をふまえて、年齢と副作用に注意し、限られた期間内で使えば、問題はないと考えられています。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ