[ADHDの主な特徴と症状①]授業中にじっとしていられない

ID-10093878

[ADHDの主な特徴と症状①]授業中にじっとしていられない

子どものADHDの症状として、よく知られているのが「落ち着きのなさ」です。

とくに授業中にじっとしていられないため、問題やトラブルがおこりやすくなります。

スポンサーリンク

小学生のADHDでは多動がもっとも目立つ特徴

ADHDの症状である「落ち着きのなさ」は、いつもあらわれるわけではなく、新しい場所や不慣れな場所、刺激の多い場所で起こりやすいのが特徴です。

とくに小学生のADHDの場合、授業中は行動を制限されるため、小学校に入学ばかりのときは、もっともトラブルが目立つといえるでしょう。

授業中、勝手に席を立って歩き回ったり、その場に関係のない発言をすることが目立つことも小学生のADHDの特徴です。

中には、そわそわと姿勢を変え、じっと座ってられない子もいます。

こうした症状は、周囲の人にとっては困ったものですが、本人にとっても悩みのサインなのです。

ADHDの小学生はおとなしく座っていられない

子どものうちは誰だって、落ち着きがなかったり、忍耐力がなかったりするものです。

ただ、そうした活発な行動がいつもあり、何歳になっても続くのであれば、ADHDの傾向があるかもしれません。

友達にちょっかいを出すことが毎日続いて、学校から頻繁に注意を受けるようだと問題にもつながります。

▼関連記事

→ADHDの子は叱られるとキレる、暴れる?対応方法について

親・教師向けADHDチェックリスト

学校や幼稚園での子どもの様子について、あてはまるところをチェックしてください。

チェックが多い場合はADHDの可能性があるので、適切な対応が必要です。

ADHDチェックリスト

・授業中に立ち歩く
・自分勝手に話し出す
・座る姿勢が悪い
・座りながら手足を動かす
・他の子にちょっかいを出す
・順番を待てない

▼関連記事

→ケガが多いのはADHDが原因かも?小学生のサインと兆候

スポンサーリンク

ADHDの落ち着きのなさの原因は、多動性・衝動性が強い

「落ち着きのなさ」の背景には、多動性や衝動性の強さがあります。

自分の行動をコントロールするのが苦手で、注意されてもなかなか改善できず、ADHDの本人も悩んでいるはずです。

多動性

文字通り、活動が極端に多いこと。
がまんすることを覚えられない。

【3歳】好き勝手な方向に歩いて行ってしまう。
【5歳】歩き回ることは減るが、座っているのは苦手。
【7歳】座ってはいるが、身体の一部を動かす。

▼関連記事

→運動やスポーツが苦手なのもADHDの身体的症状

多動への対応は「ほめること」

ADHDの多動をおさえる方法のひとつが、タイミング子どもをよくほめることです。

ADHDの子どもは、落ち着きがないことを強く注意されると、より緊張して平静でいられなくなります。

本当にダメなことは注意すべきですが、普段と比べて少しでもよくできたら、子どもをほめるようにしましょう。

多動性・衝動性がおさまるか、ふくれあがるかは、ほめ方次第です。

子どもの良い面を引き出すつもりで接して、学校と家庭で相談して、一貫したほめ方をすることが良いでしょう。

【×】
動くたびにしかりつける。
「身体を動かしてはダメ!」と子どもを否定する言葉を使う。

【○】
おとなしくしていられたときに、ほめる。
「いつもより静かにしていられたね」と肯定する

▼関連記事

→【子どものADHD】言葉遣いや、言葉の理解がおかしい、話が通じない

→【ADHDの子の対応】教師の役割、接し方は?

→LDとADHDの併発・合併は多い?学習障害と注意欠陥多動性障害

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ