誤解からストレスや劣等感を感じやすいADHDの子ども

ID-100104420

誤解からストレスや劣等感を感じやすいADHDの子ども

ADHDの子どもは、周囲から孤立し、悩んでいます。

この状態を改善するためには、保護者の理解はもちろん、周囲の協力も必要です。

スポンサーリンク

劣等感を感じやすいADHDの子

ADHDの子どもの多くは、「わがままな子」と非難されたり、たびたび叱られることによって劣等感を抱きがちです。

そうした子どもの気持ちをよく理解い、受け止めて上げましょう。

診断名を本人に告知するかどうかは、子どもの年齢や理解、性格を考えて判断します。

ADHDを告知することで、自分が苦しんでいた理由が分かり、ほっとする子もいれば、落ち込んでしまう子もいます。

ADHDなど発達障害に対する周囲の誤解

ADHDの子どもは、幼稚園や学校からも誤解されがちです。

集団行動が苦手なために、問題児扱いされたり、仲間はずれになることも少なくありません。

保育士や教師、友達の保護者などにも、ADHDであることを理解してもらい、協力関係を築くことが大切です。

発達障害の子どもは、自分を受け入れてくれる人を必要としている

症状のある子どもは、動き回ったり、自分勝手に見える行動をするたびに、周囲から非難を受けます。

そうした体験が重なると、自信を失い、ストレスをためこんで、精神的に不安定になってしまいます。

スポンサーリンク

周囲の無理解が問題を悪化させてしまうことがあるのです。

【突発的な言動】
授業中に大声でしゃべったり、友達をケンカをしたりして、トラブルを起こす。

↓↓↓

【叱られる】
トラブルの元になったと叱責され、自己表現やのびのびとした言動を否定される

↓↓↓

【自信喪失・ストレス】
話すことへの自信を失う。
他の人と自分をくらべて、ストレスを感じ症状が強まる。

【周囲の理解】

子どもの言動を頭ごなしに叱りつけるのではなく、訴えに耳を傾ける。
どうして大声を出したり、暴れたりするのか、自分の気持ちを周囲に理解されると、精神的に少し落ち着く。

大人はADHDの誤解を解く必要がある

ADHDの子どものまわりでのトラブルが絶えない原因は何か、大人同士で話し合い、考えることとも大事です。

保護者の視点と教師の視点でくい違いがあったり、互いに責任を押し付けていると、ADHDの子の苦しみはいつまでも続いてしまいます。

保護者と保育士、教師が情報を共有して信頼し合えば、子どもを取り巻く環境が変わり、治療やスムーズな対応が可能になっていきます。

【教師の視点】
・家でのしつけが悪いのでは?
・他のこと同じようにできるはず!
・甘やかさずにしかるべき?

【親の視点】
・先生が叱りすぎなのでは?
・保育園、学校になじめないのか?
・緊張しやすい性格なのかも?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ