学校のスクールカウンセラーのADHDの対応について

ID-100323715

学校、スクールカウンセラーのADHDの対応について

日本全国1万以上の小学校に、スクールカウンセラーが派遣されています。

子どもの心のトラブルについて、学校ではどのようなケアが受けられるのかみてみましょう。

スポンサーリンク

学校には、たくさんの協力者がいる

スクールカウンセラーは、簡単に言うと、学校内でカウンセリングをしてくれる人です。

学校内には、スクールカウンセラーの他にも、担任の先生や養護教諭など、子どもの悩みの相談にのってくれる人がたくさんいます。

近年では、特別支援学級のシステムも確立しつつあります。

通常授業と並行して支援教育のための授業をもうけ、障害を持つ子どもが自分のペースで勉強できるようにサポートします。

学校関係者は、子どものADHDに悩む家族にこれらのシステムを説明するとともに、医師や教育機関と連携して、ADHD治療を支援していく必要があります。

学校の相談窓口「スクールカウンセラー」とは?

スクールカウンセラーは、心のトラブルの専門家で、小学校の職員として働いています。

学校にいるため相談しやすく、保護者も子どもも緊張せずに話ができる、専門知識をもった頼もしい存在です。

スクールカウンセラーは、保護者や先生が、子どもの教育や対応について悩んだとき、相談相手になってくれます。

スクールカウンセラーの役割

保護者や子ども、先生の話を聞き、専門知識を使って対策を提案する。
スクールカウンセラーは臨床心理士の資格を持っている非常勤職員が多い。

スポンサーリンク

・コンサルテーション(保護者や先生との相談)
・コーディネーション(教育に対する助言、指導)

子どものメンタルヘルス態勢

心のトラブルを解決するために頼りになるのは、スクールカウンセラーだけではありません。

養護教諭や特別支援学級のシステム、教師や医師など、さまざまな大人が、子どものすこやかな成長の支えとなっています。

【家族・親】
関係者が同じ情報を共有できるよう、状況説明を頻繁におこなう。

【教師・学校】
スクールカウンセラーと相談を繰り返し、子どもへの接し方を考えていく。

【医師】
子どものまわりの人からの報告を受け、治療法を随時、見直していく。

【養護教諭】
子どもがストレスから体調を崩したり、落ち着かないときに頼りになる。

【教育機関】
教師や保護者など、当事者同士でトラブルが起きた場合に、第三者として相談窓口になる。

【特別支援学級】
通常の授業だけでは勉強が難しい場合に、週に数時間、少人数授業を受けられるシステム。
学校によって決まりが違う。

【スクールカウンセラー】

【保育士】

通級の役割は?

言語障害や難聴など、心身に軽度の障害を持つ子どものための授業をおこなうことを、通級指導教育といいます。

通級では、子どもの障害に応じた指導を受けることができます。

通級を受けることができるのは週に数時間となっていて、それ以外の時間はまわりの子と同じように通常の授業を受けます。

通級制度は、通常の授業だけでは足りない分を補うための教育制度といえます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ