風邪か花粉症かどっちなの?症状の見分け方は?

ID-10058572

風邪か花粉症かどっちなの?症状の見分け方は?

季節の変わり目になりやすい花粉症の症状と、風邪の症状は、とてもよく似ています。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳などの症状は、花粉症にも風邪にも共通している症状です。

スポンサーリンク

これって花粉症の症状なの?それとも風邪?どっちなの?と迷う人も多いと思います。

今回は、花粉症と風邪の症状の見分け方について調べてみました。

花粉症か風邪かどっちなの?似ている症状

花粉症は季節の変わり目になりやすい鼻の病気(アレルギー性鼻炎)です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、と花粉症の症状とよく似ている風邪も、季節の変わり目にひきやすい病気ですね。

花粉症も風邪のどちらの病気も、時期的には季節の変わり目という点で同時期になりやすく共通しているため、どっちの症状なのか迷ってしまうことも少なくありません。

花粉症と風邪の見分け方は「目のかゆみ」

花粉症と風邪の違いを見分けるポイントは、目や鼻にかゆみがあるかどうか、という点です。

目のかゆみは、風邪が原因となる症状ではあらわれることがない書状なので、花粉症と風邪を見分けるときの大きなポイントになります。

風邪の場合、のどの痛みが激しくなるときがありますが、花粉症でののどの痛みの症状はあまりひどくなならず、人によってはのどの痛みではなくかゆみを感じる人もいます。

スポンサーリンク

また、風邪の場合は、1週間ほどで症状は回復していきますが、花粉症は花粉が飛んでいる期間はずっと症状が続くので、症状の持続期間も花粉症と風邪と見分けるポイントになります。

花粉症と風邪の症状の見分け方チェック

・鼻、目、のどにかゆみがある
・のどの痛みは激しくない
・風邪のような症状が1週間続く
・頭痛があっても、起きれないほどの痛みではない
・熱がある場合、高熱ではなく微熱

※チェック項目に当てはまる数が多ければ多いほど、風邪ではなく花粉症の可能性が高い。

花粉症の症状に風邪薬は効果ある?

花粉症か風邪の症状のどっちかは分からないけど、くしゃみや鼻水、鼻づまりのつらい症状をなんとかしたい!

そんなときにドラッグストアなどで買うことができる市販の風邪薬を飲んでも、効果があるのでしょうか。

風邪の症状だった場合は、市販の風邪薬でいい、というのは当然ですね。

で、花粉症の症状だった場合、実は、市販の風邪薬を飲んでもある程度の効果があります。

ドラッグストアなどで購入できる市販の風邪薬には、鼻水や鼻づまり、くしゃみなど、鼻の症状を抑える効果があるからです。

ただ、花粉症に対して市販の風邪薬は応急処置的な位置づけだと考えてください。

病院を受診して、花粉症の正しい診断と治療を受けるようにしましょう。

【まとめ】

・風邪と花粉症の症状はよく似ている
・風邪の症状は1週間程度で治る
・花粉症の症状は長引きやすい
・かゆみがある場合は花粉症の可能性が高い
・応急的な対策として、市販の風邪薬を飲んでも大丈夫
・最終的には病院で正しい診断と治療を受けること

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ