軽度の花粉症の薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬について

ID-100263964

軽度の花粉症の薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬について

花粉症の治療方法にもいろいろな方法や種類が開発されてきていますね。

花粉症の治療薬についても、様々な種類の薬があり、新しい薬も研究され開発が進んできています。

スポンサーリンク

そこで今回は、軽度の花粉症に効果がある治療薬「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」の効果や副作用についてポイントをまとめてみました。

軽度の花粉症の薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬とは

花粉症の中でも症状の軽い場合に、治療薬としてケミカルメディエーター遊離抑制薬という薬が処方されることがあります。

効き目がきつくなくマイルドな効果で、花粉症の症状がそこまでひどくない場合に使用される薬です。

ケミカルメディエーターとは、肥満細胞から出てくるヒスタミンやロイコトリエンなどの神経伝達物質のことで、ケミカルメディエーターが肥満細胞から遊離する(離れる)のを抑制する(抑える)ための薬、という意味になります。

スポンサーリンク

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の特徴と効果

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の特徴は、薬の効果が出るまでに少し時間がかかりやすく、いわゆる即効性はありません。

薬を飲んでから効き目がでてくるまでに、一定の時間が必要になります。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬には、くしゃみや鼻水、鼻づまりをおさえる効果があります。

花粉症の鼻の症状に対する治療薬、の位置づけになります。

また、飲み薬だけでなく、鼻の中に直接噴射して使う点鼻薬もあります。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の副作用は

花粉症の治療薬というと、眠気などの副作用が強いイメージが強いのが実状です。

薬を飲むと症状は軽くなったけど、眠くて仕事にならない、勉強ができない、という影響があるので、薬の服用を敬遠しがちで症状を我慢する人もいるようです。

この軽度の花粉症の薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬は、眠気が生じることもなく、他の副作用もほとんどありません。

また、飲み続けることで、薬の効果が高くなっていくこともわかっています。

薬を飲んでから効果が出るまでに時間がかかるのだけがデメリットになりますが、軽度の花粉症の場合には非常に効果のある薬といわれています。

まとめ

花粉症だけでなく、薬といえば眠気や眠くなる副作用がある、というのが定番のイメージのような気がします。

眠くならない薬って仕事や勉強に影響が出にくいので、ありがたいですよね。

薬の副作用の眠気か、鼻水や鼻づまりか、どっちを選ぼうか、なんてことで悩まなくてもよさそうです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ