花粉症は耳鼻科?アレルギー科?内科、眼科も?

ID-10029020

花粉症は耳鼻科?アレルギー科?内科、眼科も?

花粉症の症状がつらくて病院を受診する場合、多くの花粉症患者は鼻づまりや鼻水、くしゃみの症状が目立つので耳鼻科を受診する人が多いようです。

ですが、花粉症の症状によっては、耳鼻科以外の診療科で診察してもらった方が適切な治療を受けることができる場合もあります。

スポンサーリンク

花粉症は何科?耳鼻科を受診すればいいのか?

花粉症の代表的な症状といえば、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、充血などです。

とくに花粉症の患者さんがつらいと感じやすいのは、鼻づまりや鼻水などの鼻の症状の場合が多いようで、耳鼻科を受診する割合が高くなっています。

ただ、花粉症だから耳鼻科を、という単純なものではありません。

目のかゆみ、充血などの花粉症の症状がひどい場合には、耳鼻科よりも眼科の方が適切な治療が受けられます。

また、皮膚のかゆみがひどいときは皮膚科で治療し、せきや頭痛などの症状の場合は内科を受診して治療するほうがいいと思います。

花粉症のそれぞれの症状にあった診療科を選んで適切な対応を受けれるようにしましょう。

スポンサーリンク

内科に併設されているアレルギー科の病院も

ひと昔前はなかったのですが、最近になって「アレルギー科」という診療科を設置している病院が少しずつ増えてきています。

アレルギーの研究が進むにつれて、アレルギー疾患の患者さんに対しては、耳鼻科だけ、眼科だけ、という限定的な治療よりも、総合的にアレルギー疾患を治療していく対応が有効であることがわかってきています。

そいうった流れもあり、アレルギー疾患に総合的な治療ができる医療機関が求められるようになり、医療業界でも実現に向けて着実に前進してきています。

現在、アレルギー科が設置されている医療機関では、内科に併設している形がほとんどです。

現状、花粉症をはじめとするアレルギー性疾患の場合、症状がいくつかある場合には、耳鼻科、眼科、皮膚科、と複数の科をかけもちして受診するのが実際の状況です。

今後のアレルギー科の発展が望まれるところですね。

【まとめ】

・多くの花粉症患者は耳鼻科を受診しがち
・目のかゆみや充血の場合は眼科を受診したほうがいい
・皮膚のかゆみの症状は皮膚科を受診する方がいい
・花粉症の症状にあった科を受診して適切な治療をすること
・花粉症などのアレルギー疾患は、総合的なトータルケアが必要
・内科に併設するかたちでアレルギー科を設置する病院が少しずつ増えてきている

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ