花粉症の治療は薬よりもサプリの方がおすすめ?副作用や効果

ID-10099276

花粉症の治療は薬よりもサプリの方がおすすめ?副作用や効果

TVや雑誌などでも、花粉症に効果があるとして、いろいろな種類の健康食品やサプリメントの特集を見かけます。

花粉症の治療では、副作用が心配な処方薬や市販薬などの薬の治療がいいのか、健康食品やサプリなどの民間治療の方が効果があるのか、どうなのでしょうか。

スポンサーリンク

花粉症の治療は通院、それとも民間治療?

一般的な花粉症の治療では、約3〜4ヶ月間、薬を服用し続ける必要があります。

眠くなる等の薬の副作用や、数ヶ月間という比較的長期間に治療薬を飲み続けることに対する不安感などをうったえる花粉症の患者さんも多くいます。

何も副作用がない薬はありませんし、薬といっても長期間使用続けることは身体に何か悪影響が出るのではないか、と考える気持ちもわかります。

そうした治療薬への不安から、健康食品やサプリメントなどの民間治療の方が身体に害がなくて効果があるのではないか、と多くの花粉症患者さんが感じるようです。

健康食品やサプリなど民間治療の科学的根拠は?

花粉症に効果がある、これで花粉症の症状が治る、と噂になっている健康食品やサプリメントは少なくありません。

ですが、民間治療において科学的な検証がされているものは、まずありません。

効果があったという体験談や、花粉症が治ったという口コミが宣伝によく使われているのですが、その体験談はその人個人の例であって、他の誰にでも効果があるという保証はありません。

スポンサーリンク

たまに、効果があるという宣伝を見て実際に試してみたところ、花粉症の症状がやわらぐことがありますが、これはプラシーボ効果の可能性が高いと考えた方がいいでしょう。

健康食品やサプリメントは危険な可能性も

およそずべてにおいて科学的検証がない健康食品やサプリメント、ということは、健康被害の可能性も捨てきれません。

体験談や口コミで評判がいい、おすすめされているからといって、あなたの花粉症の症状に効果がある保証はありません。

中には悪質な会社もあり、実際に健康被害が出ている例も少なくありません。

健康食品やサプリメントなどの民間治療は、基本的にはビジネスの側面があります。

そのあたりを理解した上で、健康食品やサプリは、あくまでも補助的な位置づけで、基本的には病院に通院するというスタンスをとることをおすすめします。

思い込みの力、プラシーボ効果(プラセボ)とは?

健康食品やサプリメントなど民間治療には、思い込みの力、プラシーボ効果(プラセボ)の可能性があります。

プラシーボ効果は、精神的な作用による効果のことで、一言で言えば思い込みの力です。

例えば、子供に「酔い止めの薬」といってラムネを渡しても、本人が「酔い止めの薬」と思い込んでいると、ラムネなのに車に酔わなくなる効果がでる、というものです。

処方薬や市販薬の開発段階における臨床試験でも、「本物の薬」と「偽薬(偽物の薬)」を用意して、薬の効果を検証する方法が行われます。

【まとめ】

・健康食品やサプリメントで科学的検証がされているものはまずない
・体験談や口コミは個人の感想で、他の人に効果があるわけではない

・悪徳業者も多く、健康被害の危険性がある
・健康被害やサプリメントは思い込みの力(プラシーボ効果)がほとんど
・健康被害やサプリメントは補助的におこなうくらいがよい

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ