花粉症の新薬 ロイコトリエン拮抗薬とトロンボキサン拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬

ID-100205946

花粉症の新薬 ロイコトリエン拮抗薬とトロンボキサン拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬

花粉症の治療薬は、第一世代と第二世代の抗ヒスタミン剤のほかにも、新しい薬が開発されてきています。

花粉症の薬の種類について調べてみたところ、代表的なものでは、ロイコトリエン受容体拮抗薬、トロンボキサンA2受容体拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬の3つが代表的なようです。

スポンサーリンク

今回は、その花粉症の治療薬の種類とそれぞれの効果や特徴について書いていきたいと思います。

ロイコトリエン受容体拮抗薬とトロンボキサンA2受容体拮抗薬

抗ヒスタミン剤の他にも花粉症の薬は種類があって、ロイコトリエン受容体拮抗薬とトロンボキサンA2受容体拮抗薬も新しく代表的な
治療薬です。

花粉症の症状の原因となる物質には、ヒスタミン以外にロイコトリエンとトロンボキサンA2という物質もあります。

ヒスタミンはくしゃみや鼻水の症状を引き起こす原因となるのに対して、ロイコトリエンやトロンボキサンA2は、鼻の粘膜の血管を広げて鼻づまりの症状の原因となる物質です。

鼻づまりの原因となる物質のロイコトリエンとトロンボキサンがくっつかないようにすることで、鼻づまり症状を抑える効果があるのが受容体拮抗薬の特徴です。

抗ヒスタミン剤は粘膜の表面に近い部分に働きかけ、ロイコトリエン受容体拮抗薬とトロンボキサンA2受容体拮抗薬は、奥の大きな血管に近い部分に働きかけます。

スポンサーリンク

ロイコトリエン受容体拮抗薬とトロンボキサン受容体拮抗薬の効果はよく似ていて、鼻づまりの症状の場合はどちらか一方が処方されます。

Th2サイトカイン阻害薬

また別の花粉症の薬として、Th2サイトカイン阻害薬があります。

Th2サイトカイン阻害薬は、アレルギー性鼻炎の治療薬です。

アレルギー反応は体内に好酸球という物質が増えることで炎症が悪化する症状です。

Th2サイトカイン阻害薬には、好酸球の栄養分となるTh2サイトカインの働きを遮断し、アレルギー性の炎症を抑えて症状がでないようにする効果があります。

Th2サイトカイン阻害薬は、鼻づまりに効果があり、さらに数週間薬を飲み続けていると鼻づまり以外のくしゃみや鼻水などの症状にも効くようになります。

薬を飲んでから効果が現れるまでには、1〜2週間かかりますが、他の薬と併用することができます。

ロイコトリエン受容体拮抗薬とトロンボキサンA2受容体拮抗薬の効果と特徴まとめ

・鼻づまりに効果がある
・眠気などの副作用がない
・薬の効果が出るまでに1週間程度かかる
・抗ヒスタミン剤と併用することもある

Th2サイトカイン阻害薬の効果と特徴まとめ

・鼻づまりに効く
・数週間以上飲み続けていると、鼻づまり以外の症状にも効果が出てくる
・薬の効果があらわれるまでに1〜2週間かかる
・他の花粉症の薬と併用して効果を高めることができる

【まとめ】

花粉症の治療薬っていろいろな種類がありますね。

人によって花粉症の症状も個人差があるし、薬も体質によって効果に違いが出ることもあるので、自分にあった治療薬が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ