花粉症のステロイド注射の副作用と危険性は?内服薬/点鼻薬

ID-10011159

花粉症のステロイド注射の副作用と危険性は?内服薬/点鼻薬

花粉所の治療において、ステロイド注射や内服薬、ステロイド点媚薬があります。

「ステロイド」と聞くと、副作用が怖いのでは?危険性と安全性は?と気になる人が多いようです。

スポンサーリンク

ということで、今回は、花粉症の治療でのステロイド注射の副作用、点鼻薬と内服薬について調べてみました。

ステロイド薬とは?

ステロイド薬は「副腎皮質ホルモン」といい、炎症やアレルギー反応を抑える働きがあります。

ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)は副作用があって危険!というイメージが強いかもしれませんが、実は副腎皮質ホルモンはもともと人間の体内にあるものです。

その成分を人工的に合成してつくったのがステロイド薬です、

花粉症の治療においても、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの症状に対して高い効果があります。

花粉症のステロイド注射の副作用は?

花粉症のステロイド薬には、注射薬、点鼻薬、内服薬の種類があります。

ステロイド点鼻薬は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりのすべての症状に対して効果が高く、副作用もほとんどありません。

スポンサーリンク

ステロイド注射や内服薬も、花粉症の症状に対して効果が非常に高く、点鼻薬では改善しない症状でもすぐによくなるほどです。

ただ、ステロイドは身体の免疫反応をすべて低下させてしまうので、長期間ステロイドを使用していると、次のような副作用があるおそれがあります。

漠然とステロイド薬を使用することがないように、注意して使用する必要があります。

ステロイドの副作用まとめ

・身体の免疫反応が低下する
・骨がもろくなる
・感染症になりやすい
・胃潰瘍になりやすい
・糖尿病になりやすい

ステロイド薬のメリットと効果

【ステロイド点鼻薬】
・局所ステロイド薬ともいい、副作用はほんどない
・安全性が高い
・くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果がある

【ステロイド注射、内服薬】
・花粉症の症状に対して即効性がある
・効果がとても高い

まとめ

ステロイド注射、ステロイド点鼻薬、飲み薬(内服薬)は効果がかなり高いようです。

その反面、長期間ステロイドを使用すると骨がもろくなるなどの副作用が出るおそれがあるみたいですね。

花粉症の症状がそこまでひどくなのであれば、ステロイド薬を使用する必要はないかもしれませんが、症状が重い場合には、ピンポイント的にステロイド注射やステロイド点鼻薬を使用することも検討してみてもいいかもしれません、

ただ、ステロイド薬の使用は医師の指示をきちんと守るようにしてください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ