寝不足で花粉症が悪化する?タバコやアルコールも[花粉症対策]

ID-100145701

寝不足で花粉症が悪化する?タバコやアルコールも[花粉症対策]

目がかゆい、鼻がムズムズする、くしゃみがひどい、などの花粉症の症状で毎日がゆうつうな気分になってしまいますね。

風邪の症状の場合なら、約1週間もすれば症状はおさまり、風邪も治るのですが、花粉症の困ったところは、期間が長いところです。

スポンサーリンク

花粉症の患者さんの平均だと、人によって違いがありますが、2〜3ヶ月間は花粉症の症状に苦しめられている人が多いようです。

仕事にも、勉強にも、遊びにも、悪影響が出てしまう花粉症をなんとか予防して快適な生活を過ごしたいものです。

花粉症予防や花粉症対策について調べていたら、寝不足や過労、タバコやアルコールが原因で花粉症の症状が悪化する、という内容を見つけました。

そこで今回は、寝不足、過労、たばこ、アルコールと花粉症の関係について、正しく情報を理解することで、花粉症の予防と対策につながればいいなぁと思って書いてみたいと思います。

不規則な生活で免疫が弱まり花粉症が悪化する

花粉症が発症する原因には、私たちの身体をウイルスから守るための免疫機能が関係しています。

本来であれば、有害な物質が体内に侵入してきたときに免疫機能が働いて、ウイルスをやっつける、というものです。

ところが、花粉症やアトピーなどのアレルギー反応は、別に有害じゃないのに、無害な物質に対しても免疫機能が過剰に反応しすぎてしまい、アレルギー反応をおこしてしまう、というのは有名な話ですね。

で、不規則な生活習慣などで免疫の力が弱くなり、身体の抵抗力が下がってしまうと、花粉症やアトピーなどのアレルギー反応はより強くなってしまいます。

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を悪化させないためには、不規則な生活をやめて、生活習慣を改善することも大切なのです。

スポンサーリンク

寝不足や過労は花粉症の症状を悪化させる

寝不足が続いたり、過労状態のときは、身体の免疫機能が弱くなり、抵抗力も弱まってしまいます。

ですので、寝不足や過労で身体の抵抗力が弱まっていると、アレルギー反応も強くなってしまい、花粉症やアトピーの症状も悪化しやすくなります。

花粉症対策としては、花粉症の時期は寝不足や過労にならないように、ゆっくりと休んで体力を養い、身体の抵抗力を高めることも大切です。

また、寝不足や過労のときは、身体も疲れていて、風邪などの病気にもなりやすいです。

実は、風邪も花粉症の症状を悪化させる原因になるので注意しましょう。

風邪をひくと、鼻の中の粘膜が弱くなってしまい鼻水や鼻づまりなどの花粉症の症状が悪化しやすい状態になってしまいます。

風邪を予防するためにも、寝不足や過労は天敵です。

不規則な生活や控えめにして、規則正しい生活リズムを整えることが、風邪の予防、花粉症の対策や予防につながるのです。

食事も栄養バランスを考えてとるようにしましょう。

タバコやアルコールが原因で花粉症が悪化することも

花粉症の予防や対策のひとつとして、花粉症の時期はタバコやアルコール(お酒)も控えるほうがいいみたいです。

たばこを吸うと、粘膜を傷つけることになり、花粉症の症状が悪化しやすくなります。

また、アルコール(お酒)は欠陥を膨張させる働きがあるので、鼻づまりや鼻水の花粉症の症状がひどくなりやすいのです。

タバコの吸いすぎ、アルコール(お酒)の飲み過ぎも花粉症には悪影響です。

控えめにして、健康な身体をつくるように心がけるといいでしょう。

【まとめ】

花粉症の予防と対策においては、不規則な生活、疲労、過労、寝不足、たばこ、アルコール(お酒)は、どうやら天敵のようです。

規則正しい生活をして、しっかりと睡眠をとって、十分に休養し、バランスのいい食事で栄養をきちんととる、ということが花粉症の予防と対策には一番みたいです。

つまり、健康な生活、健康な身体をつくりましょう、ということですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ