子供の花粉症の患者数が増加している原因は?

ID-100219002

子供の花粉症の患者数が増加している原因は?

今まで花粉症は大人のアレルギー性疾患の病気と考えられていたのですが、近年になって少し状況が変化してきています。

中学生や小学生、幼稚園や保育園の子供の中にも、花粉症の症状が見られるケースがあり、年々子供の花粉症の患者数は増加しているのです。

スポンサーリンク

子供の花粉症の増加、低年齢化が進んでいる

最近になって、大人だけでなく、子供の花粉症の患者数もどんどん増加してきています。

高校生や中学生だけでなく、小学生や幼児などの年齢層においても、花粉症の症状に悩まされる子供が増えてきているのです。

ひと昔前までは、花粉症は大人(成人)の病気だと考えらていました。

というのも、花粉症は、長い期間、年月をかけて花粉を吸い続けることが原因で発症するアレルギー性疾患だからです。

昔は、花粉症は30代や40代以上の年齢で発症するケースが多く、子供の花粉症はほとんどいませんでした。

それが最近になって、子供の花粉症が確実に増加してきているのです。

子供の花粉症が増加している原因は何?

花粉症の発症原因は、さまざまな要因が絡み合っています。

遺伝、大気汚染、環境の変化、米よりパン食が増加するなどの食事内容の欧米化、抗生物質の影響など、おおくの原因が考えられています。

スポンサーリンク

ですが、今現在、子供の花粉症が増加している原因については、はっきりとは分かっていません。

原因をどれかひとつに限定することが難しく、様々な要素が影響し合っているからです。

今後も増え続けている子供の花粉症

花粉の飛散量や、花粉症患者の増加割合など、総合的にとらえてみると、今後も子供の花粉症の患者数は増加していくと思われます。

花粉症は一度なってしまうと、その後ずっと、毎年治療していく必要があります。

まだ若い子供のときから花粉症になってしまうと、花粉症に悩まされる期間が大人よりもずっと長くなり、憂うつな気持ちになる子供もいることでしょう。

子供が花粉症でつらいからといって、薬を飲んだり、目薬をしたり、と、治療薬にたよる対応はあまりおすすめできません。

子供の花粉症の場合、花粉症を根本的に治療する免疫療法などの治療方法を考えてみるのもいいでしょう。

【まとめ】

・最近、小学生など子供の花粉症が増加している
・花粉症は、昔は30代や40代以上の年齢で発症するケースが多かったが、近年は花粉症の低年齢化が目立つ
・子供の花粉症の増加原因は、遺伝、大気汚染、環境の変化、食事の欧米化、抗生物質の影響など、いろいろ考えられるがはっきりは分からない
・今後も子供の花粉症が増える可能性が高い
・子供の花粉症は根本的な免疫治療を考えた方がいい

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ