妊娠中(妊婦)と授乳中の花粉症対策、薬アレグラや目薬、点鼻薬は?

ID-10089055

妊娠中(妊婦)と授乳中の花粉症対策、薬アレグラや目薬、点鼻薬は?

妊娠中の妊婦さんや、出産後で授乳中の女性の場合、一般的な花粉症の対策とは少し違いが出てきます。

妊娠中の妊婦さんや授乳中の花粉症の女性の場合、特に気になるのは赤ちゃんへの影響ですよね。

スポンサーリンク

・妊娠中の妊婦はアレグラなどの薬を飲んでも危険はないのか、大丈夫なのか?
・授乳中はどんな薬なら飲める?市販薬は危険?
・点鼻薬や目薬は大丈夫なの?

など、気にかかる点が多いことと思います。

そこで今回は、妊娠中の妊婦さんや授乳中の女性の花粉症対策について調べてまとめてみました。

妊娠中(妊婦)と授乳中の花粉症対策は?

妊娠中(妊婦)と授乳中の花粉症対策についていろいろ調べてみました。

一般的に、妊娠中と授乳中は胎児や赤ちゃんに与える影響を考慮して、内服薬は避けるのが普通です。

この点は、花粉症についても同じことが言えるので、基本的には薬は服用しないほうがいいとのことです。

ただ、病院によっては、妊娠中(妊婦)や授乳中であっても、花粉症の薬を処方する医師もいるみたいです。

妊娠中(妊婦)や授乳中の花粉症治療として処方される薬の種類は、ポララミン、アレロック、アレグラが多いようです。

え?
妊娠中や授乳中に薬を飲んでも危険はないの?
大丈夫?

と気になったので、そのあたりについて調べてみました。

妊娠中や授乳中に薬(ポララミン・アレロック・アレグラ)を飲んでも大丈夫?危険性は?

妊娠中や授乳中に花粉症の治療薬として処方される薬に、ポララミン・アレロック・アレグラなどがあるようです。

危険性はないのか?
大丈夫?

と気になるので調べてみたところ、いろいろな意見があるのが実状のようです。

スポンサーリンク

世界的にみても薬の影響で奇形児が生まれたなどのケースはないから危険性がない安全な薬、という専門家もいるようです。

逆に、妊娠が分かって時点で薬の服用を中止するほうがいい、という方針をとっている医師もいるようです。

どっちなんだ!?と思いましたが、どうやら医師によっても考え方によってスタンスが変わるみたいです。

ただ、薬を処方するとはいっても、妊娠何週目か、花粉症の症状の重症度合い、体質、体重など様々なことを総合的に考慮しているようです。

花粉症の症状がひどいばあい、くしゃみの症状がひどいと逆に腹圧がかかりすぎるので薬を飲んだ方がいい、花粉症の症状がひどくて逆にストレスになってしまう、といった点も検討されるみたいです。

ただ、できるなら薬を飲まない方がいい、ということは基本的なこととして共通しているようなので、何も気にせず薬を飲んでもいい、というわけではありません。

妊娠中と授乳中の花粉症の目薬や点鼻薬は?

花粉症の目薬や点鼻薬は、飲み薬と比べると局所的に使用するので影響は小さいといわれています。

ただ、薬の成分によって妊娠を遅らせる影響がでるケースもあるようなので、市販薬や自己判断は禁物です。

必ず病院を受診して、医師と相談して目薬や点鼻薬処方してもらうようにしてください。

まとめ

妊娠中の妊婦さんと授乳中の女性の花粉症対策の結論を一言でいうと「赤ちゃんへの影響を考えるのであれば、やっぱり薬は飲まない方がいい」ということですね。

今までに1件も問題が起きていない、といっても、今後子供に何かの影響が出ないと断言できるわけではないですし、まったく何も影響がない薬ということはないと思います。

薬を飲むということは、少なからず胎児や赤ちゃんへ薬の成分が伝わる可能性があるので、妊娠中の妊婦さんや授乳中の女性は、花粉症に限らず、薬を飲むことは基本的にはやめておいたほうがいいみたいです。

何かあってからでは遅いですからね。

花粉症のレーザー治療は、鼻の粘膜をレーザーで焼くだけなので安全な方法といえそうですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ