唇の腫れや顔のかゆみも花粉症の症状かも?果物アレルギーも

ID-10035027

唇の腫れや顔のかゆみも花粉症の症状かも?果物アレルギーも

花粉症の患者さんの中には、目のかゆみやくしゃみなどの症状だけでなく、唇の腫れや顔のかゆみ(体の全身も)の症状がでる場合があります。

もしかしたら「果物野菜過敏症」といわれる「口腔アレルギー症候群」の可能性があります。

スポンサーリンク

花粉症の合併症に注意「口腔アレルギー症候群(果実野菜過敏症)」

最近、花粉症の合併症で増加しているアレルギーの病気があります。

果実野菜過敏症と呼ばれる「口腔アレルギー症候群」です。

「口腔アレルギー症候群」とは、花粉症の人が、特定の果物を食べたとき、野菜を食べたときに、唇や口の中にアレルギー反応を起こす症状のことです。

主な症状には、唇や口の中のかゆみ、のどのかゆみ、唇や口の中が腫れる、鼻炎、結膜炎、顔のかゆみ、体全身のかゆみ、胃腸障害など、口腔アレルギー症候群ではさまざまな症状がみられます。

スポンサーリンク

花粉症と果物のアレルギーは合併しやすい

花粉症の人が野菜や果物を食べたときにアレルギー反応を起こしてしまう、というケースは少なくありません。

花粉と果物や野菜とアレルギーの対象となる物質は違いますが、過剰な免疫反応を起こすアレルギー反応という意味では同じとも考えられます。

口腔アレルギー症候群(果実野菜過敏症)の原因となる果物には、リンゴやモモ、キウイ、パイナップル、バナナ、イチゴ、ブドウなどがあります。

野菜では、なすびやにんじん、トマトなどもアレルギーの原因となります。

症状がひどいときには、血圧が低下したり、呼吸困難になり意識がなくなる場合もあるので注意が必要です。

花粉症の人が野菜や果物を食べたときに、唇や口の中が腫れたり、かゆみを感じたり、体がかゆくなったり、などの症状が出た場合は早めに医師に相談しましょう。

口腔アレルギー症候群の原因となる果物と野菜の種類

【果物】
・リンゴ
・モモ
・サクランボ
・キウイ
・パイナップル
・メロン
・バナナ
・スイカ
・イチゴ
・ブドウ

【野菜】
・なす
・にんじん
・トマト
・セロリ

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ