肌荒れ、乾燥肌、皮膚トラブルも自律神経失調症やストレスが原因?

肌荒れ、乾燥肌、皮膚トラブルも自律神経失調症やストレスが原因?

寝不足が肌荒れの原因なのか、忙しすぎるのが乾燥肌の原因なのか、お肌の調子が悪くて肌トラブルに悩んでいる女性は多いです。

お肌は健康のパロメーター、肌の表面だけでなく身体を内側からも健康にして美しいお肌にしていきたいものです。

スポンサーリンク

お肌のトラブルの原因はストレスや自律神経の乱れ

乾燥肌や肌荒れなど、皮膚のトラブルに悩んでいる女性はたくさんいます。

お肌のトラブルの原因は、エアコンで空気が乾燥していたり、空気が悪かったりと、外的な要因もあるのですが、それだけでなく内的な要因、精神的、心理的な要因もお肌の状態に大きな影響を与えています。

過剰な心理的ストレスや過度の緊張が原因となって、発汗をコントロールする自律神経の働きが乱れてしまうと、肌荒れ、皮膚の乾燥、わき汗や手のひら、足の裏などが多汗になるといった発汗異常の症状があらわれることも少なくありません。

肌荒れや乾燥肌などの皮膚トラブルの症状は、自律神経失調症の症状である可能性も高いのです。

また、私たちが日頃の生活の中で感じているストレスや緊張は、自律神経に影響を及ぼして「慢性じんま疹」などの皮膚病の原因になることもあります。

肌荒れ乾燥肌に効く手のツボ「陽地」「関衝」

肌荒れや乾燥肌などの皮膚トラブルには、手にある2つのツボ
「陽池(ようち)」と「関衝(かんしょう)」が効果があります。

スポンサーリンク

陽池のツボの位置は、手の甲側の手首のしわの下、真ん中より少し小指よりの場所にあります。

関衝のツボの位置は、薬指の爪の付け根の角、小指側にあります。

陽池と関衝のツボはホルモン分泌のバランスを調整する効果があり、それぞれのツボをツメで刺激するとよいでしょう。

ストレスが原因の肌荒れにはアロマバスがおすすめ

精神的なストレスが原因となる肌荒れや乾燥肌は、ホルモン分泌の乱れが主な原因です。

体内リズムを整える効果があるラベンダー、ホルモンバランスを整えるクラリセージ、ゼラニウムなどのエッセンシャルオイルをお湯に数滴入れて、アロマバスでゆっくりとお肌をケアしましょう。

もちろん、熱めのお湯でのハンドバスやフットバスもおすすのスキンケア方法です。

スキンケアにはアロエが効果的

アロエは保湿効果が高く、お肌をなめらかにスベスベにしてくれるので、乾燥肌の女性におすすめです。

日焼けの後やにきび、シミ、そばかすを消す効果もあります。

アロエの葉に含まれているゼリー状の部分を直接肌にぬるだけで効果が期待できます。

アロエのローションやリップも自分で簡単に作ることもできます。

ただし、アロエは人によっては肌に合わない場合もあるので、試しにパッチテストをしてから使うようにしてください。

肌荒れに効果のある食べ物「アーモンド」

アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれていて、20粒程度で1日の必要量になりましう。

ビタミンEには、血液循環を良くして自律神経の働きを高める効果があり、皮膚の代謝においても大切な栄養素のひとつです。

アーモンドの他にも、青魚やうなぎなどにもビタミンEが多く含まれています。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ