耳鳴り症状の改善方法は?自律神経失調症・更年期障害・メニエール病

ID-100302047

耳鳴り症状の改善方法は?自律神経失調症・更年期障害・メニエール病

耳の奥が「キーン」「ジーン」「ザクザク」という音が聞こえてきて気になってしまう、という耳鳴りを体験したことがある人は多いと思います。

また、耳鳴りは心身の疲れやストレスがたまっていたり、オーバーワークの危険信号だったりします。

スポンサーリンク

耳鳴り症状も?自律神経失調症・更年期障害・メニエール病

まわりが静かになると「キーン」という耳鳴りや、「ジー」という音が耳の奥で聞こえる症状があります。

こうした耳鳴りの症状は、自律神経失調症や更年期障害、低血圧症やメニエール病などでもよくみられる症状の一つです。

自律神経系の機能異常が原因となって一種の聴覚障害として耳鳴りが起こるのではなかと考えられています。

耳鳴りは神経質な人ほど症状がひどくなりやすい傾向があり、耳鼻科で検査を受けても異常がない場合は気にしすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

耳鳴りに効果がある4つのツボ

耳を囲む4つのツボは耳鳴りに効果があるとされています。

耳の穴の前のくぼみ、耳の下のくぼみ、耳の後ろの髪の生え際、耳の後ろの真ん中、にそれぞれツボがあります。

耳の周りのツボを指でギューっと3秒間、5回ほど繰り返して押してみましょう。

首と肩のストレッチも耳鳴り改善に効果あり

常に緊張状態で肩に力が入っていると、首も肩も筋肉がコチコチに硬くなってしまいます。

筋肉を緊張状態にしていると、疲労物質がたまってストレスを受けやすくなります。

肩と首をストレッチしてリラックスしましょう。

①首のストレッチ
首を前後にゆっくりと3秒間ずつ倒してストレッチする(5回繰り返す)

②肩のストレッチ
力を入れて肩をいからせ、そのまま3秒間。次にストーンと力を抜いて5秒間。(5回繰り返す)

首まわりをあたためて耳鳴り解消

耳鳴り改善には、緊張した首のこりをあたためてほぐすのも効果的です。

熱めのタオルを首にあてて温めると、筋肉がほぐれていきます。

そして、首の後ろのツボ(風池・天柱)を指圧するとさらに効果的です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ