疲労回復!リラックス入浴法について|半身浴、ハンドバス、フットバスなど

疲労回復!リラックス入浴法について|半身浴、ハンドバス、フットバスなど

身体をあたためてくれるバスタイムは、心もからだもリラックスする効果があります。

そこで今日は、疲労回復やストレス解消に効果的な入浴法をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

疲労回復!リラックス入浴法について

疲労を回復するための入浴法は大きく次の4つに分けることができます。

・ハンドバス(手浴)
・フットバス(足浴)
・シャワー
・半身浴
・全身浴

それぞれの入浴法についてポイントをまとめてみました。

ハンドバス(手浴)のやり方

ハンドバス(手浴)は、仕事や家事の合間でも手軽にできるおすすめ入浴法のひとつです。

手をお湯で刺激することで、簡単かつ素早くリフレッシュできるのが魅力的ですね。

効果的なハンドバズのやり方は、洗面器やボウルに熱めのお湯(42度以上)を入れて、好みのエッセンシャルオイルを1〜2滴入れるとさらに効果的です。

そして、手をお湯に入れるときは、両手を手首までお湯につかるようにします。

お湯の中で指のマッサージをするとさらにリフレッシュ効果がアップしますよ!

フットバス(足浴)のやり方

お風呂に入るほどではないけど、ちょっとリフレッシュした!というときにおすすめな入浴法がフットバス(足浴)です。

フットバスをしているときでも、両手は使えるので、本を読みながらでも可能です。

たし湯と足拭きタオルも準備しておくと便利です。

フットバスのやり方は、大きめの洗面器やボウル、バケツなどに熱めのお湯を入れて、エッセンシャルオイルがあれば1〜2滴入れましょう。

スポンサーリンク

お湯の温度は、ハンドバスとと同じくらいの42度以上の熱めのお湯が効果的です。

両足を足首かふくらはぎまでお湯に入れて、ぬるくなってきたら足し湯をしてゆっくりと足から温めましょう。

シャワーの効果的なやり方とポイント

目覚めの悪いときや肩こりがひどいときは、シャワーが効果的です。

シャワーを打たせ湯のようにして、熱めのお湯を首、肩、背中の順番にそれぞれ3〜5分間ほど続けます。

その後、お湯の温度を20度くらいまで下げて、3分間シャワーを浴びるのを、5回ほど繰り返すと首まわりや肩まわりの血行が改善されていきますよ!

疲労回復効果も!半身浴のやり方とポイント

半身浴は、疲労回復、ストレス解消に最適といえる効果的な入浴法です。

ゆっくりと、玉のような大粒の汗が出てくるくらいまで、本を読んだり、電話をしたり、動画をみたり、音楽を聴いたりしながら、半身浴で身体を温めましょう。

半身浴の効果的なやり方としては、お湯の温度は38度くらいの少しぬるめがオススメです。

お湯の量は、おへそより少し上、みぞおちまでつかるくらいまでお湯を入れましょう。

好みのエッセンシャルオイルがあれば、数滴たらしてくださいね。

胸はお湯から出るようにして20分以上、半身浴をすると効果的です。

肩や上半身にはタオルをかけて、身体が冷えるのを予防してくださいね。

効果的な全身浴のやり方とポイント

冷え性や、ゆっくりとお湯に浸かりたいときには全身浴が最適です。

全身浴をするときのポイントは、お湯の温度を38度くらいのぬるめのお湯にします。

バスソルトがあれば、さらに身体が温まるので効果的です。

どっぷりとお湯につかりながら、お湯の中で足やお腹をやさしくマッサージするとさらに効果的です。

全身浴をする時間の目安は約15分くらいがよいでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ