女性の性欲減退はストレスや病気が原因かも?自律神経失調症

女性の性欲減退はストレスや病気が原因かも?自律神経失調症も

仕事や家事など、日々の疲れがたまってくると、何をするのも面倒臭くなってしまうものですよね。

ストレス社会ともいわれる現代では、「早くベッドで横になって寝たい」「ひとりでのんびりしたい」「面倒臭い」と、性欲減退or性欲低下している女性が増加傾向にあるといわれていますが、女性の性欲がなくなってしまうのにはどんな原因が考えられるのでしょうか。

スポンサーリンク

女性の性欲減退・性欲低下の原因はストレスや疲労なの?

現代社会における、女性の性欲減退・性欲低下の大きな原因は、体力の低下によるもの、精神的なストレスや疲労によるものがあります。

また「抑うつ型自律神経失調症」の病気の女性患者の中には、症状のひとつとして「性欲減退」の傾向が多くみられるようです。

「最近まったく性欲がなくて・・・」と悩むのではなく、あまりあせることなく、心配せずに、まずは心も体もリラックスすることが何よりも重要です。

女性の性欲減退、性欲低下の主な原因

・ストレスがたまる
・身体の疲労
・睡眠不足
・体力の低下
・自律神経失調症
・自分に容姿に自信がない
・過去のトラウマ
・ホルモンバランスの乱れ

女性の性欲低下に効くツボ「関元」

おへその真下、指4本分下に「関元(かんげん)」というツボがあります。

関元のツボは性欲減退、性欲低下に効果のあるツボとされていますので「最近、性欲がない」と悩んでいる場合にはツボを刺激してみましょう。

スポンサーリンク

関元のツボの押し方は、両手の親指以外の4本の指で、ツボにちょうど中指があたるように3秒間やさしく押して刺激します。

からだがホカホカとあたたかい感じがするようになるまでツボを押してみてください。

だんだんと「その気になる」効果が期待できます。

性欲がないときは栄養バランスの良い食事を

性欲があまりないときには、まずは栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

仕事や家事など日々の生活で、心も体も疲労状態になっていると性欲も低下しがちです。

女性の場合も男性の場合も、しっかりと栄養をとって、健康で元気な身体になることで、性欲減退も改善されていきます。

バジルで女性の性欲減退を改善!

バジルは、性欲低下に悩む女性にはぜひ活用してほしいハーブのひとつです。

実は、バジルは「ほれ薬」の材料として使われていたと言われていて、バジルのスパイシーな香りが気分を爽快にしてくれます。

バジルの新鮮な生の葉と花穂をお風呂に浮かべるハーブバスは、リラックス効果があり、さらに女性の魅力を引き立ててくれます。

枕やシーツをやさしく甘い香りにしてみる

ベッドでパートナーが待っていても、そんな気持ちになれなくて・・・、と性欲減退に困っている女性は、気分をリフレッシュすることも大切です。

リラックスした甘い雰囲気の寝室にすることも性欲低下の改善に効果があります。

ラベンダーの香りなどがおすすめです。

枕やシーツの洗濯の最後のすすぎのときに、ラベンダーのエッセンシャルオイルを数滴加えてみると効果大です。

やさしく甘い香りにつつまれて、二人の幸せな夜を演出してみるのもいいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ