家族療法による自己愛性人格障害の治療:種類と方法

ID-10069803

家族療法による自己愛性人格障害の治療:種類と方法

自己愛性人格障害の治療方法のひとつに、家族療法があります。

家族療法では、自己愛性人格障害の患者だけでなく、家族もカウンセリング治療の対象となります。

スポンサーリンク

今回は、家族療法による自己愛性人格障害の治療の種類と方法について書いてみたいと思います。

家族療法による自己愛性人格障害の治療

自己愛性人格障害の患者本人だけではなく、患者の家族も何かしら自己愛についての問題や悩みを持っているケースがあります。

自己愛の問題は家族関係の中で生まれるもので、家族関係は家族全員に対して影響をおよぼしています。

煮詰まってしまった家族関係を改善することで、問題解決へと進めていく方法が家族療法の目的です。

家族療法で「問題の真犯人を探す」ということではありません。

誰が悪い、親のせい、など原因を探すのではなく、家族は治療の最大の協力者として、家族療法を行うことで自己愛性人格障害の克服を目指します。

家族療法の種類

家族療法は、家族をひとつにシステムととらえて、家族全員に働きかけて問題の改善を目指す治療方法です。

家族療法の具体的な治療方法には次のような種類があります。

【構造的家族療法】
構造的家族療法では、親の立場、子供の立場や役割を明確にして、家族の役割を築き直すことで家族内の安定を目指していきます。

【家族合同面接法】
家族合同面接法では、家族間のコミュニケーションの乏しさを改善する方法として、カウンセリングに家族全員が参加して話し合いをしていきます。

スポンサーリンク

【ミラノ派家族療法】
ミラノ派家族療法では、固定化した家族関係を変える良い機会と捉えて、家族一人一人に対して治療に結びつく方法を支持する。

【短期集中療法】
問題解決を中心的なテーマとして、キーパーソンに対して今までとは違う行動や方法を示し実行に移していく方法。

家族関係では母親のカウンセリングが中心に

自己愛性人格障害の治療における家族療法では、多くの場合、患者の母親とのカウンセリングが中心になります。

家族療法では、対象者は家族全員になるのですが、患者との関わりが最も深い人物が母親であるケースが多いのが理由です。

子供が自己愛性人格障害で困っている、という場合には、親だけでもいいので病院を受診して治療を進めていく方がよいでしょう。

逆に、母親が自己愛性人格障害の場合には、子供だけでカウンセリングを始めることもあります。

自己愛性人格障害に多い親のタイプ

①監視・管理タイプ
子供の行動を細かくチェックし、子供に秘密を持たせない。自立を拒む。

②支配タイプ
過保護、過干渉で子供を徹底的に支配しようとする。

③二重拘束タイプ
羨望と嫉妬から自立させないようにするが、逆に社会的な成功も求める。

家族療法のポイント

家族療法で母親のカウンセリングを実施する場合には、まずは親の労をねぎらうことが大切です。

どんな親でも子供への気苦労は多いものです。

カウンセリングでは、まず親の苦労や気持ちを理解した上で、問題解決の為に親がしてきた行動や対応を理解していきます。

また、親も子供の「自分は悪くない」と思っている場合、子供と医師が良好な関係を築くことに対して、親は心良く思わないことがあります。

その場合、親が治療を妨害したり、改善を遅らせるような行動をとることもあります。

そういったときは、まずは親のカウンセリングから始めると効果的と考えられます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ