自傷行為(リストカット)の代わりになる方法、代替手段とは?

ID-10081310

自傷行為(リストカット)の代わりになる方法、代替手段とは?

リストカットなどの自傷行為以外に問題を解く方法を本人がみつければ、おのずとその行為の回数は減ってきます。

リストカットなどの自傷行為の代わりとなる代替方法には、自分で体得できるものがたくさんあります。

スポンサーリンク

自傷行為(リストカット)の代わりになる代替手段

自傷行為(リストカット)が、たとえ一瞬でも本人の問題解決に結びついている限り、やめるのは難しいものです。

そこで周囲の人との関わりあいや治療と並行して、自傷行為(リストカット)に頼らずに問題に立ち向かっていく方法を自分で練習することは、自傷行為(リストカット)を克服する上でとても役立ちます。

それらの方法の中には「これが助けになるのだろうか?」と思われるような、ごく一般的な対処法も含まれています。

反発を覚える人も中にはいるかもしれませんが、代わりになる方法を練習すること自体が、自傷行為(リストカット)を克服しようとする意識を強め、長い目で見ると大きな力になるのです。

▼関連記事
→自傷行為やリストカットをする原因、理由は何?どんな心理状態なのか?

根本的な解決にはつながらない

自傷行為(リストカット)の代わりになる他の方法は、一時的に発散的な行動で対処する「短期間のつなぎ」として活用するようにしてください。

ただし、代わりになる方法はあくまでも自傷行為に似た行為で、根本的な解決にはつながりません。

すぐにできる方法ですが、あまり長くは続けない方がいい方法といえます。

方法そのものよりも、「傷つけるのをがまんした」「自分で行動を選んで決めた」という感覚に注目しましょう。

▼関連記事
→周囲の人はどう対応すればいい?自傷行為(リストカット)への対処方法

代替技法

自傷行為(リストカット)の代わりになる方法として「代替技法」があります。

代替技法とは、手首に血や傷跡を描いたり、氷などを皮膚にあてて皮膚を刺激したりして、実際に切る代わりにする方法です。

スポンサーリンク

・皮膚を赤く塗ったり、模様を描く
・輪ゴムで皮膚をはじいたりする

発散的な行動で気をまぎらわせる

ストレスが限界になったり、不安や恐れなどのネガティブな感情がわきあがったときなどに、自傷行為(リストカット)以外の次のような方法で気を紛らわせることも効果的です。

・大声で叫ぶ
・紙を破いたり、やわらかいものをたたく
・紙になぐり書きする

▼関連記事
→自傷行為(リストカット)と自殺未遂との違い、区別について

気持ちを安定させて息抜きする

リラックス効果を兼ねた方法で、気をまぎらわせる習慣をつけることも、自傷行為(リストカット)の克服に効果があります。

自分の健康や身体について見直す

自傷行為(リストカット)をする人は、自分の身体を大切に感じられなかったり、痛みや身体の不調に関心を払わない傾向があります。

身体の声に耳を傾ける習慣をつけ、自分を傷つける気持ちを遠ざける効果を狙います。

・身体と気持ちをリラックスさせる
・自分の身体のイメージを正す

認知療法

自傷行為(リストカット)の治療として、認知療法が効果があるとされています。

知らず知らずのうちにあらわれる思い込みをみつけ、別の考え方がないか探っていきます。

認知療法は病院などの医療機関でプログラムとしておこなわれるのが一般的ですが、自分で工夫しておこなうこともできます。

・思い込みや思考パターンにきづく

▼関連記事
→認知療法の効果は?自傷行為(リストカット)の治療
→気を引くためではない?よくある自傷行為(リストカット)の誤解
→無視しても大丈夫?リストカット・自傷行為への対応

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ