誰かに操られている気がする!?それって統合失調症の妄想症状かも

ID-100273824

誰かに操られている気がする!?それって統合失調症の妄想症状かも

・誰かに何かをさせられている感じがする
・誰かに操られているような気がする
・頭の中をいじられた
・自分の考えが相手に伝わっている

このような内容のことを言っていると、もしかしたら統合失調症の疑いがあるかもしれません。

スポンサーリンク

統合失調症の症状「させられ体験」とは

統合失調症の症状のひとつに、自分の考えていることや行っていることが、自分の意志ではなく、第三者にさせられていると感じるケースがあります。

統合失調症の患者以外の家族やまわりの人からすると「妄想そのもの」なのですが、これを「させられ体験」と呼ばれています。

統合失調症の患者は、自分の頭の中に「誰かの考えが入ってくる」と言うことがあります。

自分の考えていることは、正体の分からない誰かに「考えさせられている」と信じて疑いません。

スポンサーリンク

「誰かに操られている」と感じたり、「他人に考えを読まれている」と訴える人もいます。

また、「頭の中をいじられている」といった、自分の身体に外部からの影響が及んでいると感じる人もいます。

その他にも「電波や特殊な装置によって行動や感情、欲求をコントロールされている」と感じることもあります。

統合失調症の「させられ体験」の種類

統合失調症では、自分の考えや行動が「正体の分からない誰かにさせられている」と感じることがあり、これを「させられ体験」といい、次のような種類にわけられます。

考えが外にでてしまう

周囲の人にわかってしまう
自分の頭の中はみんなに知られている
人に考えを読まれている

誰かの考えが頭の中に入ってくる
誰かに考えさせられている

身体の外からの影響が及ぶ

だれかに頭の中をいじられている

その他のさせられ体験

誰かに操られている
電波や特殊な装置によって行動や感情、欲求がコントロールされている

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ