69 嵐吹く〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

69 嵐吹く〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

69 嵐吹く み室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり  【能因法師】

読み方(あらしふく みむろのやまの もみぢばは たつたのかはの にしきなりけり)

出展「後拾遺和歌集」

スポンサーリンク

意味「69 嵐吹く〜」

激しい風が吹き散らす、あの三室山の紅葉の葉が、ふもとを流れる竜田川の水面をうめつくし、まるで錦のオリもおのように美しいではないか。

作者:能因法師とは?

この歌の詠み手:能因法師(のういんほうし)は、平安時代中期の歌人で、本名を橘永愷(たちばなのながやす)といいます。

出家してから能因と名乗り、旅をしながら多くの風景の歌を詠んだ人です。歌枕を研究した「能因歌枕」著者でもあります。

スポンサーリンク

解説「69 嵐吹く〜」

この歌は、作者の能因法師が旅をしているときに、「もみじが錦みたいに美しいなぁ」と感動して詠んだ歌ですね。

錦とは美しい織物のことで、平安時代の人たちは、美しさの例えとして「錦」と表現することが多かったようです。

秋になると、紅葉の美しさを豪華な織物の錦のように感じて、きれいだなぁ、と感動する、というのも日本人の共通の文化だったんですね。

「三室の山」は、現在の奈良県生駒郡の三室山のことで、「竜田川」はそのふもとを流れる川です。

どちらも紅葉の名所で知られ、歌枕にもなっています。この歌では、竜田川をひとすじの錦に例えています。

「あら」から始まる歌は二首

この歌以外にも「あら」から始まる歌が百人一首にはあります。どちらも上の句が「あら」から始まるので、三字目に注意してくださいね。

56 あらざらむ ー いまひとたびの
69 あらしふく ー たつたのかはの

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ