50 君がため〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

50 君がため〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

50 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな 【藤原義孝】

読み方(きみがため をしからざりし いのちさへ ながくもがなと おもひけるかな)

出展「後拾遺和歌集」

スポンサーリンク

意味「50 君がため〜」

あなたと付き合う前は、付き合えるのなら命も惜しくない、と思っていたのに、あなたに逢えた今では、長生きして一緒にいたい、と思うようになりました。

作者:藤原義孝とは?

藤原義孝とは、平安時代中期の歌人で、第45番歌「あはれとも〜」の作者:謙徳公(藤原伊尹)の息子にあたります。

貴公子、いわゆるイケメンで、美しさにも定評がありましたが、兄の拳賢とともに、天然痘の病気になり、21歳で若くして亡くなりました。

藤原義孝は、大変心優しい青年で、生き物を殺すことがイヤで、魚や肉を食べなかった、と言われています。

解説「50 君がため〜」

この歌は、「惜しくなかった命ですが、あなたに逢えた今では、末永く生きて、いつまでも幸せでいたいと思います」という気持ちを詠んだ歌です。

スポンサーリンク

ですが、藤原義孝の願いもむなしく、若くして、兄と同じ日に亡くなってしまいました。「もう一度生き返って、お経を読みたいので、火葬はしないでほしい」と言い残したといわれています。

「君がため」は、「君」は恋人を指して、「あなたに逢うためには」という意味になります。

「惜しからざりし」は、「惜しくなかった」の意味で、「命さへ」は、「命までも」という意味です。

「長くもがなと 思ひけるかな」は、「長くあってほしいと思うようになりました」という意味になります。

この歌は、恋人と出会う前と逢った後では、大きな気持ちの変化があったんだ、ということをとても情熱的に表現していますね。

「君がため」から上の句が始まる歌は2首ある

百人一首の中には、この歌と同じく、「君がため」から上の句が始まる歌があります。間違えないように、気をつけてくださいね。

15 きみがため はる ー わがころもでに
50 きみがため おし ー ながくもがなと

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ