【発達障害】運動会など行事が苦手で憂鬱?体育や文化祭の劇も

【発達障害】運動会など行事が苦手で憂鬱?体育や文化祭の劇も

運動会や文化祭などの行事ごとは、ほとんどの子どもたちにとって楽しみなイベントです。

しかし、発達障害の子どもにとっては、体育大会などの行事は、苦手で憂鬱に感じることも少なくないようです。

スポンサーリンク

運動会など行事が苦手な発達障害

発達障害の子どもの中には、運動会や文化などの行事が苦手で憂鬱な気持ちになることも少なくありません。

こだわりが強い、変化や例外を苦手とする自閉症スペクトラムの場合、いつも通りの時間割や決まったパターンだと比較的安定して過ごすことができます。

しかし、いつもの流れとは違う運動会などの行事は、何をすればいいか分からなくなりやすく、緊張と不安な気持ちでっぱいになってしまいます。

感覚過敏な発達障害の子どもの場合、全校生徒が集まり、アナウンスや音楽、応援の声が騒音のように聞こえるため、刺激が強すぎで逃げ出したくなるほどです。

【対処法】運動会が苦手な発達障害

運動会など行事が苦手な発達障害の子どもの対処法には、どうすればよいのでしょうか。

見通しが立たず、何をすればいいかわからなくなり、その結果不安になるという場合は、事前にプログラムの進行をしっかりと頭に入れておくことが大切です。

スポンサーリンク

運動会のプログラムの詳細は学校によって違いますが、開会式があって校長先生の挨拶があって、という流れをつかみ、どの場面でどのようのな行動をするか、発達障害の子ども自身がイメージできれば、不安な気持ちになることなく運動会に参加できることでしょう。

【対処法】大きな音が苦手なケース

発達障害の中には、感覚過敏で、多くの人の話し声や音に過敏に反応していしまい、イライラしてしまうこともあります。

そうした感覚過敏な場合には、保健室などで刺激を減らし、気持ちを落ち着けるとよいでしょう。

ただ休んでいるだけよりも、自分でできることは手伝うようにしましょう。

文化祭の劇が苦手な発達障害

大尉いく大会だけでなく、劇などがある文化祭も発達障害の子どもにとっては苦手な対象になりやすいです。

記憶力が低い、劇のセリフが覚えられない、集中力が続かず、自分の出番をわすれてしまう、などいろいろな悩みがあることと思います。

想像力が低い場合では劇のストーリーをイメージできず、セリフがなかなか覚えることができない、というケースに繋がりやすといえます。

こうした発達障害の子どもの場合、他の子どもに合わせてセリフや動きが真似できるような役になるようにしまうしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ