効果が高い個人認知行動治療とは?やり方・方法について

ID-10033441

効果が高い個人認知行動治療とは?やり方・方法について

認知行動治療[認知行動療法]のやり方の中で、治療効果が最も高い方法は、患者さんが個人で熟練したセラピストから正式な認知行動療法を受けるやり方です。

個人認知行動治療を受けるには、病院の専門医を受診して、数ヶ月間、医師といっしょに病気の克服に取り組みます。

スポンサーリンク

個人CBTとは?[認知行動治療]

認知行動治療の方法のひとつ、個人CBTでも、集団CBT[集団認知行動治療]と同じように医師と患者の間で治療のセッションを繰り返します。

セッション[診察・カウンセリング等]では、治療者と患者さんの2人で密な関係を築いていきます。

個人CBT[認知行動治療]では、医師と患者がリラックスした中でじっくりと語り合う方法が中心ですが、一緒に診察室の外に出かけることもあります。

個人認知行動治療は、回数は1週間に1回程度で診察を全12回程度おこない、治療期間は3ヶ月から半年ほどかけるのが一般的です。

個人CBTのメリット

・本来の形にのっとっておこなうため効果が高い。
・効果も科学的に実証されている。
・定められた内容があり、計画的に進めることができる。
・治療経過が安定する。
・治療に専門医が携わる。
・知識豊富で様々な質問に答えてもらえる。

どこで個人認知行動療治療を受けることができる?

個人CBT[認知行動治療]を受けるには、病院の精神科やメンタルクリニックで、専門的な認知行動療法[全12回程度のセッション]をおこなっている医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク

現在の日本において、認知行動治療を受けることができる医療機関を患者個人で探すのは難しく、いま現在の主治医に紹介してもらうとよいでしょう。

本来の形でおこなうセラピー[認知行動治療]

ひとりひとり個別に行う認知行動治療である個人CBTは、認知行動療法の本来の形です。

患者さんの認知や行動、感情を、医師やセラピストの治療者が傾聴することで丁寧に引き出し、悩みの悪循環をみつけ、いっしょに問題解決の出口を探します。

認知行動療法に関する多くの実証結果は、個人CBTによって出されたものであり、治療効果は高く評価されています。

他の形式よりも、手間や時間、費用がかかりますが、その分効果も高いのです。

まだ日本では専門家が少なく、普及していませんが、認知行動療法の医療保険適用が実現したため、今後は各地に広がるとみられています。

認知行動治療の本来の方法とは?

認知行動治療[認知行動治療]は、科学的に実証されている治療法です。

科学的に効果が実証された「認知行動治療の本来の形」が、病気別にいくつかあります。

例えば、パニック障害への集団認知行動治療の効果が実証されましたが、それは特定のやり方・形式にのっとって認知行動治療を実施した場合の効果です。

認知行動治療においても、セッション回数や内容を変えれると治療効果も変わります。

疾患ごとに実証された方法にそって行われなければ、効果が証明された認知行動療法[認知行動治療]にはならないということです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ