職場のストレス・ベスト10とは?

ID-10065994

職場のストレス・ベスト10

本人が気づく・気づかないにかかわらず、職場には多くのストレスがあります。

①量的あるいは質的な作業負担

限られた時間の中で、多すぎる作業や、高度な作業をしなければならないとき、緊張感や負担感は高まります。

スポンサーリンク

②成果主義

常に結果で評価されることのプレッシャーと、良い結果を出せなかったときの空虚感は、精神的な重圧となって、働く人にのしかかります。

③将来の不安

契約社員やパート、フリーターなど雇用関係の不安定さや、昇進・昇給などの遅れがある場合、将来に希望が持てず、現状の仕事や生活にか満足感を得られなくなります。

④勤務形態

交替勤務や夜勤などで不規則な生活が続くと、消化器系や循環器系など身体への負担となるだけでなく、常に緊張感が続くなど、心への影響も見逃せません。

スポンサーリンク

⑤仕事と私生活の葛藤

仕事量が多く、家庭に戻ってもくつろげなかったり、私生活の悩みで仕事に集中できないなど、仕事と私生活の板挟み状態になると、どちらにも集中できなくなります。

⑥技術革新によるテクノストレス

機会や技術とうまくつきあえない状態です。機械に向かう単純作業のくり返しや、習得した技術を発揮できない、技術が劣り作業に取り組めないなどとと行った状態は、仕事への意欲を低下させます。

⑦人間関係

パワハラやセクハラ、いざこざがあると、うつ気分や仕事を怠けたり、職場放棄につながります。

⑧職場の環境

オフィスの換気や騒音、室温などの環境が劣悪だと、働く人の心身に負担をかけます。

⑨役割の混乱

仕事上、自分の立場があいまいな場合や、仕事の分担がはっきりしない場合、自信をなくし、仕事への意欲は低下します。

⑩業務決定の自由度

仕事の進め方を自分で決められないと、強制的にさせられている感覚になり、能率が低下します。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ