新入社員はひきこもりや五月病に注意!ピーターパン症候群も

ID-100353841

新入社員は引きこもりや五月病に注意!ピーターパン症候群も

新入社員がかかりやすい心の病気があります。

・対人恐怖
・ひきこもり
・社会不安障害
・五月病
・うつ病
・適応障害

スポンサーリンク

なぜ、新入社員は入社1年や3年以内にやめるのか?

新社会人一年目は、文字通り新しく社会に出て行く年です。

そこには当然、困難や挫折がつきものですが、そのショックやストレスに耐えられず、一年や三年以内に仕事を辞めてしまう人が多い実状です。

知識や能力だけでみれば十分あるのにも関わらず、いざ会社に就職して仕事をスタートしてみると、社会の一般常識がない、礼儀やマナーがひどい、対人コミュニケーション能力が低いなど、仕事でもミスを繰り返して自信を失ってしまいます。

女性にも男性にもいる、ピーターパン症候群とは?

会社の入社試験の面接で、仕事での大きな夢を語っていたのに、実際の仕事についたらすぐに挫折してしまい、退職する新入社員があふれています。

スポンサーリンク

入社3年目以内に仕事を辞める若者は昔から多く、夢の世界に生きる「ピーターパン症候群」ともいわれています。

今どきの新入社員は、社会不安障害や、ひきこもり、うつ病、適応障害などの心の病気になりやすく、仕事を退職してしまったりするのです。

挫折や失敗に落ち込む新入社員が多い

新社会人になる若者たちは、受験勉強やクラブ活動などを通じて、自信をみにつけていきます。

しかし、社会に出て会社に入って仕事をし始めるとなると、それまでの自信が通用しないと感じることが多く、途端に不安になるのです。

新入社員の中には、対人恐怖やうつ病、自律神経失調症や適応障害になる人もいます。

新入社員の育て方は?

新入社員が職場にスムーズに適応できるようにサポートするためには、仕事に挫折はつきものだと教えるのが一番かもしれません。

失敗は悪いものではない、と理解させることから始めましょう。

社会常識を教え、挫折することの大切さ、失敗から学ぶことの重要性を教え、それからやっと仕事の指導に入るとよいでしょう。

新入社員の心の弱さを理解することが、今の日本社会においては書かせなくなってきています。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ