[悩みのメカニズム]環境の変化が精神的ストレスになる人も

ID-100278350

[悩みのメカニズム]環境の変化が精神的ストレスになる人も

人が生きていく上では、環境の変化に柔軟に対応していく必要があるものです。

環境の変化は楽しい刺激的なものと感じることもあれば、精神的ストレスになってしまい、心が病んでしまう人もいまず。

スポンサーリンク

そこで、今回は悩みのメカニズムとしての環境の変化と精神的ストレスの関係について書いてみたいと思います。

環境の変化が精神的なストレスに

まわりの人間関係や、社会的な環境など、ずっと変わることなく一定ということはなく、何かしら周囲の状況や環境、人間関係は時間とともに変化していくものです。

もちろん、その変化の中には良い変化もあれば悪い変化もありますが、どちらであっても環境の変化の中で私たちは生きているということです。

環境の変化に対しては、多かれ少なかれ心理的な負担を感じるものです。

自分の置かれている環境や人間関係が変わると、新しい環境に適応するために自分も変わる必要がでてくるからです。

うまく対応できないかもしれないという不安

周囲の環境が変化したときに、必ず新しい状況にうまく対応できるとは限りません。

環境の変化にうまく対応できないときに、心の中では「うまく対応できないかも」といた不安や心配などネガティブな感情が高まってしまいます。

スポンサーリンク

そして、心配や不安などの負の感情が強くなるにつれ、環境の変化を過剰に意識してしまう、という悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。

良い変化でもストレスになることがある

環境の変化が精神的ストレスになる、というと、悪い変化のことをイメージしがちですが、実は良い変化もストレスになることがあるのです。

悪い出来事だけでなく、良い出来事も「変化」という点では同じで、それに対応するために心理的不安や負担を感じることもあります。

【悪い変化】
・病気
・仕事や学業の遅れ
・仕事の失敗やミス
・身近な人との別れ

【良い変化】
・昇進
・入学や進学
・結婚
・出産

環境の変化に対する心の変化

人間関係や環境の変化に対して、いつもうまく対応できるわけではありません。

うまく適応できないときにどうするか、ということがその後の心理状態を左右するといえます。

例えば、仕事で昇進するというのは良い出来事ですが、仕事内容や人間関係が大きく変わるという変化も伴います。

まわりの変化にうまく適応していかなければならないのですが、新しい職場や人間関係にうまくなじめないと不安が強くなり、思い悩むケースもあるのです。

ですが、はじめはうまくいかなくても、徐々に新しい環境になじみ、対応できるようになっていくと、心理状態も良好になっていくことでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ