睡眠不足やストレスがたまると強迫性障害の再発に注意!

ID-10047005

睡眠不足やストレスがたまると強迫性障害の再発に注意!

強迫性障害の治療によって落ち着いていた症状が再発しやすくなるのは、睡眠不足や体調不良、ストレスが続いたときです。

心身の疲れがたまっているときには、強迫性障害の再発に対する注意が必要です。

スポンサーリンク

強迫性障害の再発をまねく要因

強迫性障害の再発をまねいた具体的なエピソードはさまざまです。

ですが、たいていの場合、再発に関して共通する要因があります。

次の要因は、一度は治ったはずの強迫性障害の再発に結びつく可能性があります。

自分で自覚があるときは無理をせず、生活のペース配分に気をつけて、強迫性障害の再発を予防することを意識しましょう。

【強迫性障害の再発の原因】

・睡眠不足
・ストレス
・体調不良

早めに強迫性障害の再発防止の対応を

再発を防ぐために、心身ともに快適な状態を保つことができればベストですが、なかなか想い通りにいかないのが実状です。

生活上、どうしてもさけられないストレスもあれば、体調が悪いとき、寝不足や睡眠不足になるときもあるのが人生でもあります。

しかし「こういった状況は再発する危険がある」という認識のあるなしで、対処の仕方は変わってきます。

スポンサーリンク

早め早めの対応で、強迫性障害の再発の危険を回避しましょう。

強迫性障害の再発予防3つのポイント

治ったはずの強迫性障害の再発予防のために、日常生活の中でできる3つのポイントがあります。

どれも基本的なことですが、意外と見過ごされがちです。

あまり過敏になるのはよくありませんが、少し注意を払ってみましょう。

①体調管理に気をつける

無理しない、疲れをためないことは、心の健康を守るために大切。十分な睡眠をとることもメンタルヘルスの必要条件。食事や運動にも気を配りながら、体調管理に気をつける。

②なるべくストレスをためない

がんばりすぎ、がまんのしすぎはストレスのもと。何事も「ほどほど」を心がけて、「ストレスがたまっているな」と感じたら、早めに解消する。ストレスが重なって余裕を失いそうになったら、問題をノートに書き出して対応を考えてみることで、気持ちの整理がつく場合がある。

③自分の状態をチェックして、適切な対応を

自分の体の声に耳を傾けながら、日々の体調や気分の具合をチェックして「あぶないぞ」と感じたら、早めに手を打つ。必要なときには、医師に相談して薬を処方してもらい、危険な状況を乗り切るまで服薬刷る方法もある。

強迫性障害の再発予防のポイント

・正しい生活リズムを守る
・悩みは早めに相談する
・休日は仕事を忘れる
・楽しめる趣味をもつ
・一度にすべてを解決しようとしない
・心身をリラックスさせる時間をもつ

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ