癖ではない?強迫性障害のこだわりの種類について

ID-10032659

癖ではない?強迫性障害のこだわりの種類について

「手を洗い続ける」「確認をし続ける」という典型的な症状のほかにも、強迫性障害(強迫神経症)にはいろいろな種類があります。

「ただのクセだから大丈夫」ととらえていると、症状が悪化していく危険があります。

スポンサーリンク

最初は本人も家族も癖と思い、病気と気づかない

思い込みやさまざまなクセは、健康な人にもみられるものです。

そのため、少しくらい度をこした状態であっても、「収集癖のある人」「やたらと縁起をかつぐ人」「潔癖性」「完璧主義」などと思われるだけで、見過ごされて放っておくことが少なくありません。

あまりにもこだわりが強く、日常生活に大きな問題が生じるようになると、本人も周囲も苦痛を覚えるようになります。

それでも、病気だとは気づかないことも多いのが、強迫性障害(強迫神経症)の実状です。

さまざまな種類の強迫性障害の症状

強迫性障害(強迫神経症)の症状のあらわれ方は。人によっていろいろなタイプがあります。

癖(クセ)としては度をこしている印象が強いようなら、注意が必要です。

【強迫性緩慢】

食事や服を着るときに、決まった手順ややり方にとらわれて、動作が遅くなる。

【宗教】

神を冒瀆するようなことを考えたりおこなったりして、罰を受けるのではないかと心配し続ける。

スポンサーリンク

【縁起】

縁起、迷信を過剰に気にして、生活に支障をきたす。「タイルの継ぎ目を踏むとよくないことがある」などという思い込みが強すぎると、歩くのもひと苦労。

【性】

小児性愛や倒錯した性行動など、自分にとって受け入れがたい性的なイメージが浮かんできてとらわれてしまう。

【質問屋】

なんでも徹底的に質問しなければ気がすまない。

【ため込み】

不必要なものでも、いつか必要になるかもしれないと思うと、なかなか捨てられない。

強迫性障害(強迫神経症)の心理は?

どのような思い込みを持っているか、どんな行動をくり返してしまうのか、こだわりの対象は人それぞれ違いますが、こだわりが強くなっていく流れは、強迫性障害(強迫神経症)の患者の人に広く共通しています。

【強迫観念と強迫行為】

過度の心配(強迫観念)と不安を小さくするための行動(強迫行為)が、互いに相手を強める悪循環に入る。

↓↓↓

【変わっている人ではすまされない極端な癖】

思い込みが強い人、奇妙なクセがある人、風変わりな人などととらえられるだけで、病気の症状をかかえているとは覆われないことが少なくない。本人も、自分のこだわりに対する違和感が小さい場合がある。

↓↓↓

【放っておくと症状が悪化する】

こだわればこだわるほど、強迫症状は強くなっていく。日常的にみられる思い込みやクセの範囲を超えて、生活に支障をきたすようになる。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ