強迫性障害(強迫神経症)の自助グループについて

ID-100103858

強迫性障害(強迫神経症)の自助グループについて

強迫性障害の患者本人は「こんな事で苦しんでいるのは、自分だけだ」と悩んでいることも少なくありません。

強迫性障害の自助グループには、同じ病気、同じ悩みを持つ人が集まっています。

スポンサーリンク

「苦しんでいるのは、自分だけではない」と思うことで、病気に対処しよう、治療に取り組もうという意欲がわいてくることもあります。

また、強迫性障害の本人同士、家族同士がお互いの悩みを相談したり、アドバイスをしあったりして、日常生活のヒントや、治療のコツ、完治するためのアドバイスや、病気の克服へのきっかけをつかむこともできます。

自助グループとは

自助グループとは、同じ病気や悩みを持っている人が集まり、情報の交換をしたり、病気について勉強したりするグループのことです。

スポンサーリンク

患者同士の集まりのほかにも、さまざまな活動もおこなっています。

【会合】

患者さんや、患者さんの家族が、自分の体験を語ったり、他の人の体験談を聞いたりして、病気に対する理解を深めることができる。自分はひとりではないと思えることは、治療にも良い影響をあたえる。

【情報の発信】

機関誌の発行やメーリングリストなどで、患者さんの声や、治療のアドバイスなどの情報を発信しているグループもある。参加したいが会場が遠い、直接会うのは気が進まない場合にも利用できる。

【講演会】

強迫性障害の専門家による講演会などで、最新の情報を得ることができる。質疑応答などを通して、病気に対する理解や、生活のコツなどを学ぶことができる。

【研修会】

一般の人も参加できる、専門家による治療のデモンストレーションなど、治療について学ぶ研修会を開いているグループもある。適切な治療をうける注意点なども学ぶことができる。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ