強迫性障害の無料の相談窓口にはどんなとこがある?

ID-100249978

強迫性障害の無料の相談窓口にはどんなとこがある?

強迫性障害の症状のために日生活が制限され、お金など経済面を含めて将来に不安を感じることも少なくないでしょう。

そんなときに専門家に相談して知恵を借りることができると、道がひらけてくることがあります。

スポンサーリンク

強迫性障害(強迫神経症)について、無料での相談窓口はどんなところがあるのでしょうか。

強迫性障害の無料相談の窓口は

強迫症状がなかなか治らない状態が続くと、日頃の生活に問題が生じがちです。

例えば、強迫性障害の患者さんは「仕事に就いている人の割合が少ない」「未婚の人や、結婚生活に問題が生じている人が多い」という報告データがあります。

そして、こうした生活の悩みが大きなストレスとなり、いっそう強迫症状が悪化してしまいがちです。

強迫性障害(強迫神経症)の悩みがあるとき、無料相談の窓口として頼りになるのが、精神保健福祉センターや保健所、地域生活支援センターなどの施設であり、各施設にいる精神保健福祉士です。

社会資源を活用することで、解決の糸口が見つかる場合もあります。

無料相談窓口の一覧

公的機関

・市区町村役場の窓口
・精神保健福祉センターー
・保健所

スポンサーリンク

各機関で連携し、相談内容に応じた適切な対応がとられる。

精神科デイケア・作業所

精神科でデイケアや作業所は、強迫性障害の精神科リハビリテーションをおこない、生活面から治療をサポートしてくれる。

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、強迫性障害の病気の場合に利用できる福祉サービスや制度を紹介したり、手続きの進め方を教えてくれる。

地域生活支援センター

地域生活支援センターは、安心していられる場所や仲間、相談のできるスタッフを提供してくれる。

強迫性障害の自助グループは?

強迫性障害の患者さんが運営している団体は覆うありませんが、森田療法の自助グループ(生活の発見会)は活動が盛んです。

また、患者さんがつくるグループ(例:OCDの会)もあるので、医師にたずねてみるのもよいでしょう。

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、精神科領域のソーシャルワーカーで、国家資格化されている。

精神的な障害をもつ人がかかえる生活上の問題の解決に向けて対策を立て、関係機関との調整をするなどして支援する。

各施設で専門的な知識と情報を持つ専門職として活動している。

強迫性障害の相談に対応してくれる頼もしい存在。

強迫性障害から生じるな悩み

強迫性障害が長引くと、さまざまな生活の悩みや問題が生まれがちです。

そして、さらに、それらの悩みが強迫症状を悪くすることもあります。

強迫症状がなかなか治らない状態が続くと、勉強、仕事、人間関係、性などにも悩みやストレスを感じることが多くなるので、電話でもいいので、早めに無料相談窓口に連絡しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ