強迫性障害の治療法として家族療法は有効?

ID-10034444

強迫性障害の治療法として家族療法は有効?

強迫症状に悩む患者本人だけでなく、患者を取り巻く家族が治療に参加する家族療法を受けることで、家族関係が変わり、症状が改善していくことがあります。

家族療法とは?

家族療法とは、患者本人を含めた家族全体を対象にして行われる精神療法です。家族合同の面接と、患者個人の面接を並行して行うこともあります。

スポンサーリンク

強迫性障害では、強迫症状に家族が巻き込まれ、本人だけでなく、家族全体の問題になっていることが少なくありません。

問題になる症状や行動は家族との関わりの中で起こることが多く、個人の問題だけではありません。

視点を変えると、強迫性障害(強迫神経症)は家族関係の問題と捉えることもできます。

(例)
・親子関係
・夫婦関係

【家族関係を改善】

強迫性障害の症状を悪化させるような家族の関係性を見直し、家族関係を変えていくことで症状の改善をはかり、克服を目指す。

家族関係から強迫性障害を治す

強迫性障害は家族にも大きな影響を与えます。

家族の心の動揺や不安、疲労が、患者の心理を揺さぶって不安を強め、症状が悪化する悪循環も少なからずみられます。

スポンサーリンク

家族療法は、家族関係を見直すことで、こうした強迫性障害の悪循環を断ち切り、よりよい家族関係をつくること、症状の完治を目指す治療方法です。

強迫性障害の家族への治療

家族療法を通じて、患者と家族、あるいは家族メンバーどうしの関係を見直していきます。

目的は関係性の改善であり、家族の誰かに責任を負わせようとするものではありません。

家族療法

【家族だけで診察を受ける】
本人との接し方や夫婦の関係など、家族のメンバーが抱えている問題を、治療者との面接を通じて解決していく。

【家族みんなで診察を受ける】
治療者が家族に、お互いに困っていること、してほしいことなどを聞く。互いに話し合い、治療者のアドバイスを受けながら、家族同士の理解を深め、家族全員が生活しやすくなる工夫をする。

個人療法

【本人だけで診察を受ける】
強迫性障害に対する精神療法が行われる。

家族療法の効果

・家庭環境を整える
・それぞれが抱えている悩みを解決する
・家族ができる支援について話し合う
・強迫性障害についての理解を深める

↓↓↓

『家族のよりよい相互関係が生まれる』

・親子の関係を改善すると、負担や不安が減ることがある
・長年にわたって抱えてきた問題が解決に向かうと、家族間の緊張や対立がとける場合も

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ