強迫スペクトラム障害とは?

ID-100370046

強迫スペクトラム障害とは?

強迫スペクトラム障害とは、強迫症状がみられる病気をまとめた考え方です。

強迫性障害のほかにも、考えや行動に強迫的な特徴がみられる心の病気(精神疾患)があります。

スポンサーリンク

「自分は太っている」という思い込みから食べない、あるいは食べては吐く行動をくり返す摂食障害、身体の一部が醜いと気に病む身体醜形障害、チックやトゥレット障害などです。

スポンサーリンク

そこで、強迫傾向を示す障害を、強迫症状の程度や特徴によって分類し、強迫スペクトラム障害としてまとめようという考えが提唱されています。

強迫スペクトラム障害

強迫性障害

・典型的な強迫症状を示す状態

チック障害

・チック障害
・トゥレット障害

身体へのとらわれ

・心気症
・身体醜形障害
・摂食障害

衝動コントロールの障害

・買い物依存
・過剰なギャンブル
・セックス依存
・自傷行為
・抜毛症
・窃盗癖

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ