家族のリフレッシュが強迫性障害の治療に良い影響を与えることも

ID-100289643

家族のリフレッシュが強迫性障害の治療に良い影響を与えることも

家族がストレスをためないように

強迫性障害の患者本人の治療を第一に考えた生活を送ろうとすると、家族は大きな負担を受け、ストレスをためることになります。

実際、強迫性障害の患者の家族の多くは、強いストレスを体験しているといいます。

スポンサーリンク

治療のために自分の楽しみを全てあきらめてしまうと、家族も精神的余裕を失い、強迫性障害の病状の悪化につながってしまうことがあります。

スポンサーリンク

家族の対応と接し方が変わると

家族が自分の楽しみをもってリフレッシュできると、強迫性障害の本人への接し方にゆとりがうまれて、治療にも良い影響があることでしょう。

比較的長期間になりやすい強迫性障害の治療を上手にサポートするためには、家族がリフレッシュして息抜きをする時間をもつことも必要です。

ゆっくり過ごす時間を持つ、友人と楽しく過ごす、といった時間は、他の家族にとって良い息抜きになります。

・家族みんなで役割を分担する
・家族それぞれ自分の時間をもつ
・くつろいで楽しむ機会を大切にする

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ