子育てに疲れたときに読むヤツ。

1386704220khfw6

「子育て」「疲れた」とキーワードをGoogleで検索してみると、なんと約1,050,000件もの検索結果が出ました。

100万件以上、すごい数ですね。

スポンサーリンク

子どもを持つお母さんが感じる悩みの中でも特に割合が高いのが「子育てに疲れる」とか「子どもと一緒にいるとしんどい」といった内容の悩みが多いです。

確かに、子どもたちはもの凄いエネルギーを持っているので、一緒にいると周りの大人が疲れてしまうということは多いですよね。

子育てに疲れたと感じるすべてのお母さんたちへ

年々、育児ストレスの重要性が語られるようになってきています。

今回は、子育てに疲れたと感じるお母さんへ、というテーマでお伝えしたいと思います。

完璧なお母さんにならなくてもいい。

育児ノイローゼなどになりやすい人の大きな特徴は「真面目な性格」といわれています。

いわゆる完璧主義なお母さん、ですね。

理想の母親像があって、ミス無く完璧に良いお母さんになろう、という想いを持つことは素晴らしいことです。

ただ、あまりにも完璧にしようという気持ちが強すぎて、逆に自分自身を苦しめてしまう、という負のループに入ってしまうと元も子もありませんよね。

車のハンドルにも「遊び」が必要なように、ピンと張りすぎた状態ではすぐに限界がきてしまうので、ある程度の「遊び」=「気持ちの余裕」がある方が実際はうまくいくことが多いみたいです。

スポンサーリンク

完璧にできなくてもいい、80点でもOK、という感じですね。

1歳の子どもを持つお母さんは「母親としては1年性」です。最初から完璧にできる人なんていません。

親も子どもと一緒に成長していけばいいのです。

リラックスする方法を持つこと

子育てのストレスがたまってくると、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、頻繁に怒るようになってしまったりして、さらにストレスがたまってしまう、とあまり良くない流れになってしまいます。

なので、子育て中のお母さんにとっては、ヨガをしたり、お風呂に入ったり、適度にスポーツをしたり、といったように、心と身体をリフレッシュする方法を持つことが大切です。

ずっと家の中に閉じこもっていると、気持ちも暗くなりがちです。

外へ行って、友達と楽しい話をする、気持ちのいい汗をかく、など、子育てのストレスやもやもやをスッキリする方法を持つようにしましょう。

心がリフレッシュしてスッキリすると、気持ちもあらたに子どもとコミュニケーションをとることができます。

イライラやストレスは誰だって感じるものです。

イライラしないようにしよう、ストレスを感じないようになろう、ということも大切ですが、イライラやストレスがたまったときの解消法法をちゃんと持っていることが、子育てを楽しくなるための大切な条件のひとつです。

まとめ

完璧な人間はいないように、完璧なお母さんもいません。

完璧主義は手放して、「ほどほど」に取り組み心の余裕を持てるようになりましょう。

それでもイライラやストレスは溜まってしまうのが普通の人間です。

たまったストレスはそのまま放置せずに、ストレスを解消できるリラックス方法を持つことで、もっと子育てが楽しくなることでしょう。

素敵な子育てライフになることを願ってますね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ