自傷行為やリストカットをする原因、理由は何?どんな心理状態なのか?

resize.php

自傷行為やリストカットをする原因、理由は何?どんな心理状態なのか?

境界性パーソナリティ障害(BPD)の行動症状のひとつに、リストカット(リスカ)などの自傷行為がみられます。

主に未熟なパーソナリティが原因となって症状を生むのですが、自傷行為やリストカットをする本人の心理状態、どんな意味や理由があって自傷行為をするのでしょうか?

スポンサーリンク

もう少し詳しくみてみましょう。

なぜ、自傷行為(リストカット)を繰り返すの?意味や目的、心理状態は?

自傷行為や自殺未遂、自殺の企ては、境界性パーソナリティ障害ではかなり多くみられる行為で、代表的な症状のひとつです。

境界性パーソナリティ障害とは、境界性人格障害、ボーダーライン人格障害と呼ばれることもあるパーソナリティ障害の種類のひとつです。

▼関連記事
→なぜすぐ怒るの?ボーダーライン(境界性人格障害)についての記事はこちら

一般的に私たちのパーソナリティは、年齢を重ねて成長し大人になり、様々な経験を積むことで心も身体も成熟していきます。

ですが、未熟なままのパーソナリティでは心の内面で「たしかな自分」が感じられず、いつも誰かに依存していなければ不安でたまりません。「自分のことがわからない」という心理状態がつらく苦しいのです。

境界性パーソナリティ障害の人が感じている「自分のことがわからない」という底知れない不安は、周囲の人を巻き込んで振り回し、困惑させる数々の症状を生み出す原因となってしまいます。

しかし、本人にとっては自分でもハッキリと理由は分かっていませんが、それなりの理由があるため、自傷行為(リストカット)が繰り返されることが多いのです。

▼関連記事
→自分のことが分からない?心が不安定なのは境界性人格障害が原因なの?の記事はこちら

自傷行為(リストカット)は、本人にとっては必要な行為

境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン人格障害)の人にみられる自傷や自殺の企ては、必ずしも「死ぬこと」を目的をしている行動というわけではありません。

「自分の体を傷つけると、その分心の苦しみが軽くなる」という心理が元となって、家族などまわりの人には気付かれないように、分からないように隠れてこっそり自傷行為を繰り返している例もあります。

境界性パーソナリティ障害の本人にとって、自傷行為は「生きるため」に必要な行為となってしまっているのです。ある意味「心理的苦痛から逃れるため」というハッキリとした目的をもった行動です。

このようなケースでは「自傷行為をやめさせる」という家族や友達など周囲の対応は、本人にとっては「生きるな、死ね」と同じ意味になってしまいます。

また、自傷行為(リスカ)をする人の中には「自分の精神的苦痛をまわりの人に分かって欲しい、なんとかして欲しい」という心理から、自分の体を傷つけて犠牲にしてしまう人もいます。

この場合は、わざと自傷行為や傷痕を見せつけるようにふるまい、家族や友達など周りの人を驚かせることになります。とらえ方によっては、自傷行為(リストカット)は「私の心の声に気づいて」「助けて」というSOSを伝えることを目的とした行動、と考えることができます。

▼関連記事
→周囲の人はどう対応すればいい?自傷行為(リストカット)への対処法方の記事はこちら

自傷行為をする理由、意味は2つに分けられる

本人の心理状態から考察してみると、自傷行為(リストカット)をする理由・意味は、大きく2つに分かれます。

ひとつめの理由(意味)は「生きるため」に自分の身体を傷つける場合、もうひとつの理由(意味)は「本当に死にたい」と思って行動する場合、この2つです。

しかし、自傷行為(リストカット)をする本当の目的や原因を見極めるのは、精神科医や臨床心理士、心理カウンセラーなど、心理の専門家であっても容易なことではありません。

死ぬ気はない自傷行為のケース

「生きるため」に自分の身体を傷つける場合の自傷行為の心理について。

何かの出来事がきっかけで動揺したり、乱れてしまった心の混乱をしずめるため、手首の皮膚を浅く切ったり、窒死量にはいたらない程度の過量服薬をしたりします。

スポンサーリンク

この場合の心理状態を考察してみると、自傷行為(リスカ)は死ぬことそのものが目的ではなく、生きるために自分の身体を傷つけて心理的苦痛から一時的でも解放され、なんとか自殺せずにいられる側面があります。

ただし、生きるための自傷行為の背後には、慢性的な自殺願望があることが多く、まわりの人が「本当に死ぬ気はない」と簡単に決めつけてしまうのは危険を伴うので注意してください。

本当に死のうと思っておこなう自殺の企てのケース

このケースでは、本人自身が本当に死を意識して、死ぬことを目的として手首などを深く切る、過量服薬をするといった自傷行為をします。

専門家の調査結果では、境界性パーソナリティ障害の人のうち6~10%が実際に自殺に至るという報告もあります。

自殺のキッカケは、ささいなことから始まります。

ボーダーラインと称される境界性人格障害の人は、例えば、恋人が自分の期待通りの行動をしないということだけが原因となり「私は見捨てられた」と感じてしまったりもします。

他の普通の人にとっては、とるに足らない小さなことでも、境界性パーソナリティ障害の人は大きく激しく動揺してしまうことが多いのです。

こういった場合、自傷行為(リストカット)は、気持ちを落ち着かせる有用な手段になっていることが原因と考えられます。

【例】
相手が電話に出なかった
ペットが死んでしまった
母親と口論になった

大切な存在を失うと感じる
ちょっとした行き違いも、自分と不可分の大切な存在を失うことのように感じる

見捨てられるという不安から自殺・自傷行為へ

▼関連記事
→リストカットの代わりとなる行動についての記事はこちら

自傷行為(リストカット)をする人の心理状態

次に、リストカットなどの自傷行為をする人の心理状態について考えてみました。

以下は「リストカットの心理状態」のすべてではありませんが、実例としていくつかの例をあげてみました。参考にしてみてください。

心理①自殺をするため

生きているのがつらい、もうおしまいにしたい、死んでしまいたい、という心理状態。
本気で死ぬために自傷行為(リストカットなど)をする。

心理②自分を罰するため

彼氏や彼女(恋人)や親友、親や家族など、自分の周りにいる大切な人に見捨てられるような自分が悪い、といった自己嫌悪や後悔を心に抱えている。
自傷行為(リストカット等)をすることで、自己嫌悪や後悔の想いを解消できると思い込み、自傷行為に至る。

心理③身体的な痛みに置き換えるため

ストレスやいらだちなど、精神的な苦しみがつらくて耐えがたい。
無意識的に、心理的痛みを身体の痛みに置きかえた方が楽だと感じている。

心理④離人症状をやわらげるため

離人症状とは、自分が自分ではないように感じること。
自傷行為(リストカット)で身体的な苦痛を受けることで、離人症状から逃れようとする。

心理⑤感情をコントロールするため

自傷行為(リストカット)をすると、興奮や混乱によってコントロールできなくなっている自分の感情を、一時的であっても制御できたような気分になる。

心理⑥怒りやストレスを発散するため

自分を見捨てようとしている相手への怒りを、目に見える形にすることでストレス発散できると思い、自傷行為(リストカット)をする。

心理⑦人に振り向いてもらうため

自分の気持ちをわかってもらいたい、知ってほしい、気づいて欲しい、という強い感情が原因。
自分がどれほど苦しんでいるのか、まわりの人に知らせるために自傷行為(リストカット等)をする。

▼関連記事
→無視しても大丈夫?リストカット(自傷行為)への対応についての記事はこちらへ
→境界性人格障害の人の恋愛行動、セックス依存について、何を考えてるの?の記事はこちら
→ボーダーラインにみられる主な症状とその原因について

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ