食べ物依存症(むちゃ食い症候群)とは?症状と原因について

ID-100112569

食べ物依存症(むちゃ食い症候群)とは?症状と原因について

「やせたら人に愛される」
「やせたらすべてうまくいく」

そんな思い込みは、絶望感や寂しさ、無力感の裏返しでもあります。

スポンサーリンク

食べては吐くを繰り返す、依存症のひとつ、食べ物依存(むちゃ食い症候群)は、なぜ起こるのでしょうか。

食べ物依存症・むちゃ食い症候群とは?

食べ物を大量にとることで、食べることで一時的に満たされた気持ちになる、という食行動が週に2回以上、期間として3ヶ月以上続くと、食べ物依存症・むちゃ食い依存と診断されます。

食べ物依存症(むちゃ食い依存症)は、多くの場合、ダイエットがきっかけとなり、半年ほどたった頃から、そのダイエットの反動で底なしの食欲がわき、食べた後に吐くことを繰り返すようになります。

なかには吐きすぎてノドから出血したり、胃酸のため歯がボロボロになる人もいますが、それでも過食行為をやめられません。

過食を繰り返す食べ物依存症(むちゃ食い症候群)の悪循環

むちゃ食い、過食で食べるのが止まらない
↓↓↓
太るのが心配で吐く
↓↓↓
もう二度としないと後悔する
↓↓↓
決心が緊張を高めストレスになる
↓↓↓
むちゃ食い、過食を繰り返す

食べ物依存症(むちゃ食い症候群)の症状

【突然食欲がわき、抑えられない】

手当たりしだい食べ物を口に入れ、足りなければ勝ってきても食べ続ける。

【満腹感がしない】

いくら食べても満足しない。食べることに疲れてようやくやめる。

スポンサーリンク

【自己嫌悪に陥る】

太ることが心配になり、無茶食いをした後に後悔する。むなしくなり、うつ気分になる人もいる。

【食べたものを無理に吐く】

食べた後、口に指を入れて無理に吐く。下剤や利尿剤を使う人もいる。多くは、カリウム欠乏など電解質バランスが崩れ、身体を壊すことになる。

食べ物依存症(むちゃ食い症候群)の原因は?

【自分をほめてもらいたい】
劣等感が強く、やせることで評価されたい。

【良い子でいたい】
子どもの頃から期待され続け、完璧な大人を目指す。

【満点だけが正しい】
目標が高く、失敗したら無になると思い込んでいる。

【空虚感】
心に満たされない感じがいつもある。

摂食障害「過食症」ともいう食べ物依存症(むちゃ食い症候群)

過食は、大量に食べ続けることをいうのに対して、拒食は食事を控えます。

過食症と拒食症は、症状としてはまったく正反対の現象ですが、どちらも食行動の以上で心の病気です。

両方をあわせて「摂食障害」といい、過食と拒食が交互に起こることもあります。

食べ物依存症(むちゃ食い症候群)の例

27歳の女性のケース。

ある日、鏡を見て「私、太った?」と思い、ショックでダイエットを始めました。

食事を少なくしてるせいか、深夜になると無茶食いをしてしまいます。

こんな生活はよくないと思っても、なかなかやめられません。

彼女を客観的に見ると、太っているわけではありません。

深夜、冷蔵庫のものをすべて食べつくし、足りないのでコンビニでお菓子やパン、アイス、おにぎりなど買い込みます。

一気に食べた後は、太りたくないために、トイレで吐く、という行為を繰り返してしまいます。

【悩み】
やせたい

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ