物質依存症の原因は、ドーパミン・セロトニン・GABAとの関係?

ID-10079931

物質依存症の原因は、ドーパミン・セロトニン・GABAとの関係?

物質依存症の場合にみられるように、物質を繰り返し体内に取り込むと、なぜ「やめたくても、やめられない」という状況に陥っていくのでしょうか。

物質依存症の原因は、物質が及ぼす脳への働きに隠されています。

スポンサーリンク

物質依存症になりやすい性格傾向は?

物質依存症になりやすい人は、かつては、逃避的で非社交的な人、わがままで規範にとらわれない人、小心で完全を求めがちな性格の人など、とされていました。

現在では、それ以外の性格の人にも物質依存症が多くみられ、なりやすい性格傾向は特にないとされています。

仮説・脳内物質が物質依存症の原因

物質依存症になりやすい人は、生まれつき、感情をコントロールする脳内物質の量が不足しているという説があります。

そのため、不安やストレスを抱きやすく、何かに依存したくなるというわけです。

物質依存症に陥る要因

真面目な人でもドラッグなどの依存症に陥る恐れがあります。

①個人

物質依存症になりやすい要因は、性格よりも生育歴が重要です。親の不適切な養育態度や離別などにより、母親と一体感を得ることができなかった人は、物質依存症になりやすいと考えられます。

スポンサーリンク

②物質

依存の対象となる物質が、入手しやすいものであるほど、依存症の危険性は高くなります。また、それを摂取する量が多く、期間も長くなれば、それだけ依存を強めてしまいます。

③環境

身近に物質依存症の人がいたり、酒やタバコなどに寛容な風潮は、依存へのハードルを低くします。家庭環境や社会情勢、文化的背景なども、物質依存症に陥らせる要因になります。

神経伝達物質の働き

脳の中では、神経伝達物質が情報をやりとりすることで、快楽や陶酔感などの感情をコントロールしています。

アルコールやドラッグ、ニコチンなどが脳に入ると、神経伝達部室の働きを高めてしまいます。

物質が脳内に至り、それぞれの部位でドーパミン神経路を刺激する
↓↓↓
ドーパミンが大量に放出される
↓↓↓
中枢神経が興奮
↓↓↓
快感
恍惚感や幸福感で脳内がいっぱいになる
↓↓↓
副交感神経が活性化
↓↓↓
身体にも快感を与えリラックス状態になる。血圧が下がり脈拍数が減って身体がゆったりする。

主な神経伝達物質の種類

【ドーパミン】

覚醒や快楽、陶酔感などを与え、攻撃性や創造性を生み出すなど、前向きな姿勢にさせる働きがある。

【セロトニン】

気分を明るくさせ、やる気を出させる働きがある。運動、食欲、睡眠、不安などにもかかわっている。

【GABA(ギャバ)】

神経の働きを鎮め、不安や緊張を解消して、リラックスさせる作用がある。

【ノルアドレナリン】

神経を興奮させる働きがあり、不安や恐怖を引き起こす。ストレスは、ノルアドレナリンの働きを高める。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ