依存症の種類について、物質依存症・対人依存症・プロセス依存症

ID-1008725

依存症の種類について、物質依存症・対人依存症・プロセス依存症

アルコールやゲーム、買い物、暴力など、依存症にはいろいろなものがあります。

多種多様の依存症に共通するのは、自分の意志ではコントロールできないということです。

スポンサーリンク

依存症の3種類とは

人は、心の寂しさや不安を紛らわそうと、身のまわりにあるものに依存します。

たとえば、アルコールやたばこなどの「物質」に依存の対象が向かうものを「物質依存症」といいます。

また、家族を暴力などで支配しようと「人」に依存対象が向かうものは「対人依存」です。

パチンコなどのギャンブルや買い物などの行動をする過程で得られる快感にハマってしまうのが「プロセス依存」です。

これらの3つの種類の依存症は、本人だけでなく家族などまわりの人もトラブルに巻き込む悪い依存です。

それぞれの依存症について、もう少し詳しくみてみましょう。

依存症の3種類について

依存症は、次の3つの種類に分けることができ、共通しているのは、自分の意思ではコントロールできない点です。

そういった意味では、依存症はコントロール障害という見方もできます。

【物質依存症】

物質依存症とは、手近なものを食べたり、アルコールを飲んだり、たばこを吸ったり、肉体的な快楽や刺激が得られることで、一時的に現実逃避をしようとする依存症です。

【物質依存症の例】
・アルコール
・たばこ(ニコチン)
・過食
・ドラッグ(薬物)

▼関連記事

→物質依存症とは?心理、原因、特徴について

【対人存症症】

対人依存症とは、ゆがんだ上下関係で相手を支配、束縛したり、逆にしがみついたりすることによって、人とのつながりを求めようとするものです。

【対人依存症の例】
・世話型(過保護、過干渉)
・職場
・DV(ドメスティック・バイオレンス)
・児童虐待
・パトロン
・共依存
・教祖(宗教)

▼関連記事

→対人依存症の心理は?依存性人格障害と排他的従属について

【プロセスへの依存症】

ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めて、その行為にのめり込みます。行為依存症ともいいます。行為そのものは目的ではなく、終わった後、たいてい後悔します。

スポンサーリンク

【プロセス依存症の例】
・ギャンブル(パチンコ、競馬など)
・買い物
・仕事
・インターネット
・メール
・嘘や悪口
・痴漢
・万引き
・恋愛依存
・セックス依存
・リストカット

▼関連記事

→自傷行為やリストカットをする原因、理由は何?どんな心理状態なの?

依存症の概念とは

依存症は、かつては薬物やアルコールなど、物質への依存がほとんどでしたが、対人関係やプロセスへの依存も、依存症としてみなされるようになりました。

依存症の概念は「物質」から「プロセス(行為)」「対人」へと広がっています。

パチンコのような行為そのものへの依存も、依存症のひとつです。

対人関係への依存も、悪い依存という観点から、依存症という病気に含めて考えられるようになっています。

人によっては、2つ以上の依存を合併しています。

くわえタバコでパチンコ、という状態も、度を越せば、物質依存症とプロセス依存の合併症といえます。

▼関連記事

→【依存性人格障害】依存症とみなされる8つの診断基準とは?

【嗜癖】

嗜癖とは、アヘンのように社会的に害が大きい物質に強く執着し、習慣化すること。身体依存をともない、物質が脳内から去るときに心身に異変があらわれる。

↓↓↓

【依存】

嗜癖という用語に代わり、依存と呼ばれるようになった。依存の対象はもっぱら薬物やアルコールなどの物質で、心身や過程、職場、社会にも害を及ぼしている。

▼関連記事

→マザコンは対人依存症?自立できない、決められない、依存性人格障害

→仕事依存症の原因は性格?自己チェックテスト

→恋愛依存、セックス依存について|境界性人格障害は何を考えているのか?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ