ストレスが原因でアルコール依存症、買い物依存症が増える?

ID-10044499

ストレスが原因でアルコール依存症、買い物依存症が増える?

現代社会は、私たちに様々なストレスを与えています。

ストレスは、不安となってのしかかり、何かに依存することを誘発します。

スポンサーリンク

依存症の原因はストレス?

ストレス社会の中で、心の病になる人が増えています。

依存症もその中のひとつです。

アルコール依存症や買い物依存症などの人は、何らかの精神的なストレスを抱え込んでいます。

現代社会では、IT化や単身生活者の増加、地域社会の崩壊などによって、人と人とのつながりが希薄になり、孤独や不安に襲われる人も少なくありません。

モノが豊かになっても、なぜか心のゆとりは生じないのです。

若い世代から高齢者世代まで、幅広い年代で依存症の人が増加している背景には、ストレス社会の存在があるようです。

依存症が増える原因

モノが豊かな時代になったはずなのに、心の豊かさは失われてきています。

スポンサーリンク

①ポスト核家族

一人暮らしをする人が増え、かつての家庭で見られた、一家の団らんや語らいの風景がきえつつあります。
↓↓↓
一人暮らしの高齢者も増加

少子化

親の愛情が子供に集中し、「愛されて当たり前」という自己愛の強い子供が増えています。
↓↓↓
自己中心的な若者の増加

進む格差社会

成果主義、能力主義で評価され、激しい競争社会で生き抜くことを余儀なくされています。
↓↓↓
弱肉強食で勤労者の不安増大

道徳・倫理観の低下

モラルを守ろうとする意識が低下し、個人の自由のみを追求する傾向が強くなっています。
↓↓↓
自分の欲望を我慢できない

情報化社会

IT技術が進み、便利さの反面、人と顔を合わせる機会が減少しています。
↓↓↓
人と人とのつながりがなくなる

地域社会の崩壊

伝統や文化の伝承、相互扶助などを担ってきた地域社会が崩壊し、隣人の顔も知らない人が増えています。
↓↓↓
人と地域とのつながりがなくなる

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ