アルコール依存症の原因は?性格や遺伝の影響、ストレスとの関係は?

ID-100233396

アルコール依存症の原因は?性格や遺伝の影響、ストレスとの関係は?

だれにでも不安はあります。

酒でストレスを発散する人も多いでしょう。

スポンサーリンク

しかし、すべての人がアルコール依存症にはなりません。

アルコール依存症は、どのような経過で病気へと進むのでしょうか。

アルコール依存症の原因は?

アルコール依存症は、もともと不安を感じやすい人がアルコールによる快感を知り、不安やストレスから逃げようとして始まります。

現状の問題を受け止められず、また、お酒の力に頼れば頼るほど、アルコール依存症は進み悪化していきます。

【先天的体質や性格がアルコール依存症の原因に】

アルコール依存症になった人は、積極性や不安解消などにかかわる神経伝達物質が少ないことが報告されています。また、アルコール依存症患者の人の性格は、内気で心配性、憂うつな人が目立ちます。

(仮説)
幼児期の体験にもよる。
子ども時代、安心と満足を得られなかったため、神経伝達物質が不足するようになったという説があります。

【ストレス解消にアルコールを飲む】

酒を飲むと、神経伝達物質が脳内に長くとどまったり、量が増えることによって、内気で心配性の人が前向きな人になり、自分が大きくなったような思いで満たされます。酒の力を借りて日頃いえない愚痴をこぼす、ストレスを晴らすようになると、依存は一歩進んだと言えます。赤ちょうちんを見ると入りたくなるのは、精神的に依存しているサイン。

スポンサーリンク

【環境要因もアルコール依存症の原因のひとつ】

日常生活の悩みや心配といったストレスがあると、神経伝達物質のバランスが乱れ、不快な気持ちは大きくなります。これが大きくなればなるほど、酒の力を求めたくなります。

アルコール依存症が悪化する流れ

【アルコールの耐性がつく】

大量の酒を飲み続けると、脳は負担の多い状態に適応しようと耐性をつくります。もっと大量に飲まなければ、酔えなくなってしまうのです。耐性がつけば、酒量は増え、酒に強くなったとうぬぼれます。

【離脱症状を回避する】

常にアルコールが脳に残る飲み方をしていると、少量の神経伝達物質でもバランスがとれるようになります。しかし、酒を断つことのバランスが崩れて不快な離脱症状を起こすので、やめたくても断酒できません。

↓↓↓

【アルコール依存症の治療が必要】

量と惰性でアルコール依存症が重症化する

アルコール依存症に陥る背景には、現実と向き合うことができず、酒に逃げる生き方があります。

したがって、アルコールを飲む動機と、大量の酒を習慣的に飲み続ける体力があればあるほど、アルコール依存症は進み重症化していきます。

増える女性のアルコール依存症「キッチンドリンカー」

酒を飲む女性の増加にともなって、女性のアルコール依存症も増えています。

なかでも、主婦のキッチンドリンカーは多く、深刻な問題をはらみます。

女性のアルコール依存症で特徴的なのは、結婚、育児、子離れ、夫との離別などのライフステージとかかわりが深いことです。

その時々のステージで、ストレスや不安、空虚感を感じ、心の健康を害し、アルコールに逃げることを覚えていくのです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ