【依存性人格障害】依存症と見なされる8つの診断基準とは?

ID-100249032

【依存性人格障害】依存症と見なされる8つの診断基準とは?

人の性格はあいまいなものです。

だれでも困難な現実に直面したりすると、人に甘えたり、頼りたくなるものです。

スポンサーリンク

依存性人格障害かどうか、どんな診断基準をもとに判断するのでしょうか。

依存性人格障害の診断基準

アメリカ精神医学会の診断基準「DSM-Ⅳ-TR」によると、依存性人格障害の主な特徴として、次の8つの項目があげられます。

5つ以上にあてはまる場合に、依存性人格障害と診断されます。

①日常的なことを決めるのにも、他人から多くの助言と保証が欲しい

今日、何を着るか、何を食べるか、いちいち確認しないと決められない。

②生活のほとんどで、他人に責任をとってもらわないと心配

たとえば、自分で責任をもって判断することができず、子供に何か聞かれても「パパに聞きなさい」と逃げてしまう母親。

③支持されなくなったり、認めてもらえなかったりするのが怖いので、他人の意見にノーと言えない

例えば、仲間はずれになるのがいやで、仲間と同じものを買ったり、金魚のフンのように行動する。会社ではイエスマンとよく言われる人。

④判断や能力に自信がないので、自分の考えや計画を立てたり、実行することが苦手

仕事の計画をどう立てたらよいかわからないとき、周囲に助けを求めてしまう。もしそこにいたら、母親にだって聞いてしまうかも。

⑤他人から愛されたい、支えられたいために、いやなことまで進んでやる

たとえば、ほめられるためなら、手段を選ばない。粉飾決算で赤字経営を隠したり、恋人に捨てられたくないために会社の金を貢いだりするような人。

⑥身のまわりのことも、自分ではまったくできないと思い込んでいる

ひとりになると、どうしたらよいかわからなくなり、自分から解決しようとしない。高齢者に多い。

スポンサーリンク

⑦親しい人との関係が終わったときは、自分を支えてくれる次の人を必死に捜す

誰かに頼っていないと不安だから、自分を守ってくれそうな人を捜さなければ。

⑧世話されずに放っておかれる恐怖に、非現実的にとらわれる

例えば、彼なしでは生きていけない、上司に見放されたら会社を辞めなくては、など非現実的な考え方にとらわれてしまう人。

頼りたい気持ちは誰でももっている

大人になっても、人に頼りたいという気持ちはだれでも持っています。

しかし、頼りすぎて相手に嫌われたくない、迷惑をかけたくないという遠慮の気持ちが働きます。

このように、頼りたい気持ちをコントロールできれば、依存性人格障害ではありません。

一方、自分で気持ちをコントロールできず、相手の迷惑を考えずに頼ったりすがりついてしまうのが、依存性人格障害です。

頼られた人は、わずらわしく感じ、うんざりすることが多いため、依存関係はやがて破綻してしまいます。

利他的従属がプラスされると

依存性人格障害だけの人は、相手の迷惑や負担を考えずに依存するだけで、相手をコントロールしようとは思いません。

しかし、利他的従属という手段は、自己犠牲的な「貸し」を相手につくり、「借り」を返そうとする相手にどこまでもしがみつきます。

そのため、相手から嫌がられたり、逆に相手に利用されたりする「しっぺ返し」も受けやすくなります。

悪徳商法や詐欺に高齢者に被害が多い理由

高齢者を狙った悪質商法や詐欺などが増えています。

高齢者が被害者になりやすいのは、単に判断能力が低下しているからではありません。

孤独で、不安な気持ちを抱えている高齢者は、誰かに優しい言葉をかけられると、親切にされたいからとその人の言いなりになって、お金を出してしまいます。

この利他的従属の心につけこんでいるのが、悪徳商法の手口です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ