【チックの原因】テレビを見ているときやゲームをしているときに症状がでやすい?

ID-10076449

【チックの原因】テレビを見ているときやゲームをしているときに症状がでやすい?

子どものチックは、わざとやっているのではありません。

親が「やめなさい」といっても、自分ではコントロールできず、やめられるものではないのです。

スポンサーリンク

チックの子どもを持つ親の対応としては、つかず離れず、遠くから見守ってあげるのがよいでしょう。

テレビを見ているときやゲームをしているときに、チックが出やすい

チックの出方はつねに一定というわけではありません。

テレビやゲームなどに熱中していてワクワクしているときには、普段よりチックが激しくなりやすい傾向があります。

だからといって、チックが出やすいというだけで、子どもの楽しみを制限することもないでしょう。

テレビやゲームをやめさせると、他の時間帯のチックが減少するというわけでもないからです。

もちろん、子どもの生活がテレビばかり、ゲームばかりにかたよっているのなら改善の余地はあります。

症状の出方に一喜一憂せず、チックがあってもなくても同じように、節度のある生活を送れるように心がけていきましょう。

▼関連記事

→夜寝ているときはチック症状が出ないか軽減する

家庭では、親がゆっったり大きく構えること

子どものチックは、たいていは一時的なもので、時間が解決することがほとんどです。

ですので、先々の心配をしても仕方ありません。

親としては「今はこういう時期なのだな」とゆったりと構えておくくらいがよいでしょう。

チックは親の育て方が原因ではない

チックの子どもを持つ親は、自分が十分にしてやれなかったこと、子どもに干渉しすぎたことなどを思い返しては悩みがちです。

しかし、チックは親の育て方が原因ではないので、母親が自分のことを責める必要はありません。

「育て方の失敗」と親が思いつめないようにしましょう。

チック症状の出方は、心理的な要因が影響をあたえることもあるためです。

▼関連記事

→チックが治った?自然に治る=自然治癒するのがほとんど

ネガティブな感情を子どもにぶつけないように

チックの子どもの独特な言動のくり返しに、いらだちを感じることもあるでしょう。

スポンサーリンク

しかし、そうした親のネガティブな感情を子ども本人にぶつけるのは、困らせるだけです。

場合によっては、チックの症状を悪化させるおそれもあります。

症状のささいな変化に目をつぶり「そのうち消える、治る」と長い目でみるようにしましょう。

▼関連記事

→アレルギーとチックは、よく似た症状が出る病気

チックの子どもの親がおちいりがちな心理

目立つ言動をくり返すチックの子どもの様子を目の当たりにして、親は本人以上に深刻に考えてしまうことがあります。

気が気でなく、みているのがつらくなることも少なくありません。

【焦り】
これからどんどんひどくなるのでは・・・

【自責】
私の育て方が原因かもしれない・・・

【不安】
脳になにか問題があるのだろうか・・・

【迷い】
止めたほうがいいのでは?

【心配】
このこの将来はどうなってしまうのだろうか?

▼関連記事

→【チックの心理的治療治療】ハビットリバーサルと逆説志向とは?

子どもの将来への心配

・進学は?
・職業は?
・生活は?
・症状は?
・結婚は?

親のポジティブが子どもへ伝わる

子ども心配するのは親の常であり、共通の悩みです。

親のポジティブさが子どもに伝わるほうが良い、とも考えましょう。

・95%は1年以内に消える
・どーんと大きくかまえる
・「チック」が将来に悪影響をおよぼすことはほとんどない

▼関連記事

→チック症とは?意味、定義、男女比、発症年齢について

→てんかんとチックは症状が似ている病気なので検査が必要

→チック症の治療は病院を受診しなくてもいい?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ