キッズメンタル講座が選ばれ続けている3つの理由

ID-100103855 のコピー

なぜ、キッズメンタル講座が選ばれ続けているのか?

キッズメンタル=子どもの心理、をテーマに講座をお届けして、これまでに1200名を超える生徒さんに受講していただいています。

どんな方が受講されているかというと・・・

スポンサーリンク

・子育て中のお母さんやお父さん
・保育園や幼稚園、学校など教育機関にお勤めの先生
・心理カウンセラーを目指している方
・問題や悩みを抱えている方

など多くの方から好評をいただいてます。
ありがとうございます。

今日は、キッズメンタル講座が好評な3つの理由についてお伝えしますね。

キッズメンタル講座が選ばれている3つの理由

授業で生徒さんにお伝えするときに大切にしていることがあります。

心理学というと、つい知識や理論に偏りがちになってしまう講座が巷では多い、というのが現状です。

ですので、キッズメンタル講座では、知識や理論に偏るのではなく、実践型のスキル、具体的な技術をちゃんと身につけていただくことに重点をおいています。

頭ではなく身体に落とし込む、ということですね。

実践スキルの、コミュニケーション心理学NLP

実践的なスキルとして、コミュニケーション心理学と称されるNLP(実践心理学)を生徒さんにお伝えしています。

米国へ直接行って、創始者から直々に学んだ内容を授業でお伝えしているので、国内でもトップクラスの質の高さといえるでしょう。

NLPについてはまた別のときに詳しくお伝えしたいと思いますが、トラウマやPTSD、パニック障害などの神経症・心身症に対する具体的なアプローチとしてとても効果的な心理スキルです。

またコーチングや加速学習のベースにもなっているので、子育てだけでなく幅広いジャンルにも応用していただけます。

スポンサーリンク

受容と共感コミュニケーションの心理カウンセリング

子どもと関わる中で大切なのが

受容=受け入れる
共感=寄り添う
承認=認める
肯定=肯定する

です。

受け入れる、寄り添う、認める、肯定する、というコミュニケーションが、成長過程においてちゃんとあるかどうかが、大人になってからの自信ややる気、安定した心を持てるかどうかにとつながっています。

厳選した専門知識

実践スキルとあわせて、厳選した専門知識もお伝えしています。

心理学とひとことで言っても、膨大な範囲があり、そのすべてについて授業で学ぶとなるとかなりの時間が必要になります。

大学の例でいえば、まずは大学の4年間、さらにはその後に大学院へ行って2年間、少なくとも合計6年間の年月がかかるわけです。

それだけですべてを学べるかというと、実はまだまだ範囲は広いのでもっと時間もお金もかかってくることになってしまいます。

少なくても6年以上です・・・。

それだけの年月をかけることを否定する訳ではありませんが、子育て中のお母さんや学校の先生の立場から考えると、時間的に現実味がありませんし、「おぎゃぁ!」と生まれた子がランドセルを背負って小学生になってしまう年月です。

そこまでじっくり時間をかけて学ぶのでは遅い、ともいえますよね。

なので、キッズメンタル講座では、特に子育てや成長過程において、知っておいた方がいいこと、参考になる知識、役に立つ内容を厳選して専門知識をお伝えしています。

スクリーンショット 2014-09-04 15.47.25

まとめ

 
・NLP(実践心理学)
・心理カウンセリング
・厳選した専門知識

の3つの柱からキッズメンタル講座の上質なカリキュラムがつくられ、スキル・技術と知識の両方のバランスがとれた講座内容になっています。

興味がある方は気軽にどうぞ。お待ちしていますね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ