記憶するのは得意だが、想像が苦手なアスペルガー症候群の学習

ID-100290781

記憶するのは得意だが、想像が苦手なアスペルガー症候群の学習

アスペルガー症候群の特性には、長所と短所があります。

その特性が学習能力にも影響し、記憶力が良く、想像力はあまりよくない場合が多くみられます。

スポンサーリンク

好きなことについての学習能力が突出している

興味の対象を一点にしぼって集中するシグナル・フォーカスの特性が、学習能力に様々な影響を及ぼします。

アスペルガーの子どもは、自分の好きな分野については、学ぶ力も覚える力も強く発揮しますが、理解が全般的にすぐれているわけではありません。

例えば、歴史の暗号は細かく記憶しているのに、出来事の内容は理解していないなど、学習内容に偏りが出やすいといえます。

興味の範囲を広げること

興味のおもむくまま、本人にまかせていると、学習の幅が狭くなりがちです。

アスペルガーの子どもは興味の範囲が狭く、自分の関心のないことは学習しない傾向があります。

好きなことだけでなく、ほかのことにも興味を持てるよう、無理のないサポートをしましょう。

なにもかも学ばせる必要はありませんが、幅をせばめすぎないように注意しましょう。

得意、不得意がはっきりしている

アスペルガー症候群の子どもには、得意なことの傾向があります。

多くの場合、漢字テストや計算、暗記など、答えがはっきりしていることを好みます。

人によって違いはありますが、好きなキャラクターの名前を大人が驚くほど覚えていたり、記憶することは得意だといえます。

学校の勉強は特別すぐれてはいないのに、好きなテレビ番組や鉄道路線などのことは、まわりを驚かすほどの記憶力を発揮することがあります。

スポンサーリンク

難しい漢字や英語が混ざっていても、難なく覚えます。

【本人の気持ち】
「無理して覚えているわけじゃないよ」

アスペルガーの子どもができること

覚えることや、決まりを守ることが得意。
法則性のある問題や科目では周囲をしのぐ結果を出す。

・難解漢字のテスト
・計算問題
・歴史暗号や地名の暗記
・公式を使う問題
・ルールを守ること

アスペルガーの子どもが苦手なこと

想像力は社会性の発達障害があるため、自由な発想を求められることや、応用問題は得意ではない。

・文章の意味を考える問題
・課題作文
・自由研究
・テーマを応用する問題
・ルールにとらわれない発想

(例)花の名前はたくさん覚えているのに、花が枯れそうなときの対処法は想像できない。

アスペルガーの対処法【新しいことに興味を持たせ、好奇心を育てる】

記憶力が良いのは、アスペルガーの子どもの長所でもあります。

その力を活かしながら、別のことへの興味や関心も育てていければ、より豊かな発達に結びつきます。

子どもの興味を伸ばすきっかけをつくってあげましょう。

本人の興味を活かす

年号を覚えることから歴史に興味をもったら、その興味を伸ばす。
古い時代の調査や、人物研究などをおこなわせる。
地図や資料を使うことで、目的や予定がはっきりすれば、自由研究でも混乱しない。

いろいろな課題を出す

苦手なことも上手に体験させる。
自由研究に具体的手順を示し、美術で具体的な課題を出すなど、子どもがとりつきやすいことをやらせる。

好きなことを否定しない

分野の偏りがあることを受け入れ、その中ですぐれた点をほめる。
子どもに自信がつくと、苦手な分野にも手を出せるようになる。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ